出来るだけ自然を意識してみる

f:id:kkind:20180416125334p:plain

  

最近では、街が明るすぎて、星も見えないけど

夕暮れ時、カーテンを開けたまま 部屋の灯をつけずに

ぼんやりと暮れゆく街をながめていると

薄暗くなり始めた頃

西の空にひときわ輝く星を見つけました。

調べてみると、宵の明星 ”金星”だそうです。

 

私は常々、自然に癒され、元気をもらってきたので

子どもの頃には いつもそばにあった

光に輝く海や、満天の星空を見ることが出来ないのは少し寂しいけれど

唯一 空だけは、どこにいても見て感じることが出来るんだなと気付きました。

 

人はもっと自然を意識したほうが健康になれるのでは?

という気がします。

朝早く起きれば起きるほど、体調がよくなるのを感じます。

早朝には、身体にいいホルモンがでて

スッキリと目覚めやすい状態で起きることが出来るのかな?と。

今4:30に起きていますが

早朝から起きていると

自然と 20時頃になると、身体を休めたくなります。

朝日の昇るのを見て、夕方陽の沈むのを見ていると

太陽のありがたみを肌で感じます。

朝早く起きるようになってから

全て物事の片付きがよくて

まだ陽のあるうちに入浴、夕食、洗濯を済ませるようになりました。

6:30には、全て片付け終わるのを目標にしています。

するべきことはすべて終わらせているので

わざわざ電気を点ける必要もなく(点けても間接照明くらい)

夜の時間は、すごくゆったりと過ごせます。

日課の瞑想をしたり

本を聴いて過ごし、眠くなったらいつでも眠れます。

24時間明るい世界は、

自然界ではありえないし、どこか異常なのかもしれません。

 

地球に対しても、あまり負荷をかけてはいけないなという思いがして

微力ではあるけど 自分に出来ること

電力消費を少なくしたり

ゴミを少なくしたり、きちんと分別をしたりと 心掛けています。

 

病気も増えた今は、体調管理が仕事みたいなものですから

できるだけ規則正しい、健康的な生活をと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

潜在意識を意識してみる

f:id:kkind:20180409112330p:plain

潜在意識は よく氷山の海に隠れている部分に例えられますが

潜在意識は、とても大切で私たちを助けてくれるそうです。

私たちが普段忘れていることでも、潜在意識はちゃんと覚えていていてくれている。

潜在意識をうまく使うことができれば、

たぶん人生いい方向に変わるかもしれませんね。

 

潜在意識と最もつながりやすい時間帯は?

起床直後と 就寝前だそうです。

覚醒と睡眠の間で、ボーッとした状態のとき 潜在意識と繋がりやすいとのこと。

 

この時間帯はとても大切で

寝る前に

ネガティブなものを視ると、あまり心にいい影響を与えないのだとか・・・

そういえば以前 

寝る前に、録画しておいた番組を視て

眠りについたら 翌日の気分がすごく最悪だったことがありました。

その録画番組は、自殺について考える番組で

死にたい人の気持ちをえんえんと語った番組でした。

 

これといった理由もないのに、イライラしたり、不安になったりした時は

自分でも気付かないうちに、潜在意識に何かネガティブなものが

刷り込まれた結果かもしれません。

寝る前の時間はとても大切で

暗いニュースなど視ないように気を付けたいものです。

 

私は、寝る前に本を聴いているのですが

寝る前に聴く本は、希望の持てる明るい本を選ぼうと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陽の光の中を生きるほうが 自然の理にかなっている

ぐっすりと眠れた朝はスッキリして、気分がいいものです。

 私も、以前はひどい不眠で、薬に頼っていた時期もありましたが

今は、よく眠れているほうだと思います。

 

私の場合 早起きを継続することが一番 不眠に効果がありました。

5時前に起きるようになってからは、

21時頃になると、自然と横になって身体を休めたくなります。

 

太陽を意識しながら、太陽とともに行動する方が、

自然であり 理にかなっているのでしょう。

 

 

一日には、陽と陰の時間帯があり

また1日の中でも、春夏秋冬に相当する時間帯があるそうです。

出来るだけ、自然の流れに沿った

生活を心がけることが健康につながるようですね。

f:id:kkind:20180403134819j:plain

 

 

f:id:kkind:20180403130159j:plain

 

自然界の草花を見ると、

春に芽吹き、夏に生い茂り、秋に葉を落とし、冬に休むというサイクルですね。

 

 

朝早く起きるようになってから

一日の流れがすごくよくてスムーズです。

早め、早めに用が片付きます。

早めの時間帯に、入浴と夕食を済ませると

夜の時間がすごくゆったり過ごせるようになりました。

陽が落ちてからは、間接照明だけにして部屋を暗めにしながら

本を耳で聴いて、目は休めています。

 

以前は、遅めの夕食 遅めの入浴 遅めの就寝・・・

あー夕食何作ろう? もうそろそろ食べなきゃ お風呂入らないとな~ という具合に

全てが後手に回って、ぎりぎりまで時間を引き延ばして仕方なく行動を始めるという感じでした。そういった状態では、心にもあまりいい影響は与えなかったのだと思います。

 

早起きは、

習慣になってしまえば、たぶん続けられるんじゃないかなと思います。

 

24時間明るい世界は、どこか異常なことかもしれません。

自然界には絶対ありえない現象ですね。

電気をつければ、いつでも明るいというのは、

太陽のありがたみも分からなくなってしまいそうです。

 

 

身体の痛みと食品添加物の関係

f:id:kkind:20180328110321p:plain
f:id:kkind:20180328110346p:plain



昨日久しぶりに、インスタントラーメンを食べたら

今朝 膝関節に痛みが出ました。

食べ物と身体にでる痛みって関係があるのかな~?と

ふと 気になって調べてみました。

私は、たぶん以前から添加物には敏感なほうだと思います。

添加物が多く含まれるものや、油ものを食べると

食後の気持ち悪さと、胃もたれ、腹痛・・・

食べ物以外でも、

化粧品、石鹸、洗剤・・・合わないものはすぐに皮膚に反応がでます。

 

 

以前 コンビニ食+牛乳 が続いた頃

原因不明の身体中の痛みと発熱が続いた時期がありました。

今考えると、体調の悪さには食事が関係していたのだと思います。

食事、不規則な夜型の生活、精神的ストレスなどは

体調に大いに関係があるのだと思います。

 

macrobiotic-daisuki.jp

macrobiotic-daisuki.jp

 

身体にいい食べ物には、興味がありますが

高価だったり、手に入りにくかったりします。

身体にいい食べ物を摂ることよりも

身体に悪い食べ物を摂らないことのほうが重要なのだそうです。

 

普段何気なく食べているものが

長期的に身体にどのような影響を与えるのか?

もっと、添加物などに気を配らないといけませんね・・・

誰しも じわりじわりと苦しみながら死ぬのは嫌ですよね。

 

口から入った食べ物は、すぐに排出されるわけではなく

細胞に取り込まれて、自分の身体の一部になるわけですからね。

 

今はインターネットで、簡単に情報が入りやすい時代です。

情報量が多すぎて、何をどう信じていいのか迷うこともありますが

私は、乳製品や肉を食べなくなってから、体調がいいように感じます。

自分の身体の感覚を大切にしながら、

体調を保っていければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の選抜高校野球と”ダイヤのエース”

f:id:kkind:20180323131334p:plain

本日から 春の選抜高校野球が始まりましたね。

私は、もともと野球は全く興味がなかったのですが

アニメの ”ダイヤのエース”を見てから、野球って面白いんだな~と思いました。

野球のルールも殆ど知らなかったのですが

野球アニメで、解説してくれるルールは初心者にも分かりやすく

毎日を一生懸命練習に励んで

頑張りながら、悩みながら、成長していく球児たちに

感動して、何度も繰り返し視ました。

試合の場面にテンションが上がったり

チームメンバーどうしの強い絆や 面白いやりとり

監督の思い

    f:id:kkind:20180323132213p:plain

 

人生にもこういうことあるよね~と共感できる部分があったり

 プレッシャーに負けそうになること・・・

 一つの自信が次の成長につながること・・・

   

変化球にも いろいろな種類があることや、

イップスという言葉もこのアニメで知りました。

主人公の投手が、トラウマを抱えて、

インコースに投げられなくなるのですが

トラウマに苦しむ姿 それを克服していく過程・・・などなど

最後 秋の大会で、

春の選抜出場を手にした時は、感動して涙が出ました。

    f:id:kkind:20180323132055p:plain

 また 声優さんも豪華でした。

 

 

ということで、今年は春の選抜高校野球を秘かに楽しみにしていました。

高校球児って 一生懸命な感じがして好感が持てますね。

 

これまでの人生で 全く興味のなかったことも、キッカケさえあれば

面白く感じるってこともあるものなんですね・・・・

 

 

ネトゲと魂の仕組みって似てる?

f:id:kkind:20180321122438p:plain

アニメ ”ネト充のススメ”が面白かったので 原作も読んでみました。

私はネットゲームはしたことがないのですが ちょっと興味がわきました。

 

これまでに読んだ魂の話とネトゲを 関連づけて照らし合わせてみると

・レベルの高い子は、レベルの低い子のレベルアップの手伝いをする

・お互い協力しあって、クエスト(課題)をこなす

・死んで生き返っても、レベルはそのまま残る

・外見は、自分で自由に好きに選んで作ったアバター

・カウンターストップまでいったら、それ以上はレベルアップしないので

 他の子の助けに回る

・クエスト(課題)をクリアするとレベルが上がる

(人生も難しい課題を乗り越えると、たぶん魂のレベルが上がる・・)

・クエスト(課題)が難しくなると、数人で協力する

 

リアルの世界も、

みんなの心のレベルが上がると、平和で住みやすい世の中になるのだろうと思います。

 

 

魂だけの頃(肉体を持つ前)、自分で決めた設定があるとすると

◆外交的⇒ 社交的で、にぎやかなことが好き、遊びや楽しいことを追求

      外見にこだわりたい

 

◆内向的⇒ 一人が好きで、自分とじっくり向き合いたい

      内面を大切にするので、外側にこだわらない

      物事を深く考える

 

その経験をしたいだけなので、どちらがいいとか悪いということはない

 

容姿や性格も、自分の課題に合わせて設定されているか

もしくは、因果律(自分の行いの結果)や

カルマ(業)なども複雑に絡みあっているかもしれませんね。

魂のしくみには 自分の行いにペナルティーが設けられていて

人を傷つける行為は、魂のレベルを落とすことに繋がるのかもしれません。

いじめなどの行為は、後々自分の人生に影を落とすようです。

 

 

生きる目的は、魂のレベルアップだと知るところから始まって

 ↓

魂のレベルを上げるには、どうしたらいいか?

    他者を傷つけない、人の為になる行い

 ↓

魂のことを学ぶ

 ↓

この人生で使える時間は限られているので、優先順位を考える

自分が楽しいと思うことのなかには、学びもあるし

自分が楽しいと思う感覚も必要だとは思いますが、

人生には、楽しい事ばかりではありませんので、

困難を乗り越える為の学びも必要だと思います。

 

学びなどの やるべきことが終わったら、好きなことに時間を使えるという

ルールを決めるのもひとつの方法かもしれませんね。

宿題が終わってから遊ぶみたいな感覚で・・・

 

残念なことに

現在の、自分の魂のレベルがどれくらいか 自分では分かりません。

でも、あまりにも我がままで非常識な人を見ると、レベルが低いなと思うし

世の中の為に尽くしている人を見ると、レベルが高いと思う感覚はあります。

 

魂のことは、実際に自分が死んでみないと分かりませんが

何となく感じたことを綴ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瞑想で花粉症が軽くなるらしい・・・

f:id:kkind:20180312135558p:plain
f:id:kkind:20180312135518p:plain

瞑想と花粉症の関係って何だと思いますか?

答えは、免疫力です。

瞑想を続けると免疫力が上がり

花粉症の症状が緩和するそうです。

 

ポッドキャストで、

瞑想のことを話していたので、メモに残しておきます。

ポッドキャスト 

言魂インタビュー( 2018.2.16 )ゲスト 横山信治さん

 

◆1日30分の瞑想(時々内観)

 行き詰まったときは、ヒントを得るものが引き出されることがある

 

◆アメリカでは、70%の人が何らかの形で瞑想を行っている。

 頻度は人それぞれだけど

 瞑想は、朝と夜行った方が効果があるらしい

 

◆瞑想をやる前と、やった後で何か変わりましたか?と聞かれる

 ・具体的には分からないが、イライラ度は減った。 

 ・瞑想を始めて2年くらいで 花粉症が治った。

  それまでは、重度の花粉症で、薬もたくさん飲んでいたが

  今はもう全然飲んでいない。

  これは、瞑想で免疫力が高まる。

  アメリカの医学的実験で、

  重度の花粉症を治したというデータもある。

 

◆眠ることと瞑想の違い

 眠ることは、身体の疲れはとれるけど、ストレスはそのまま残る。

 瞑想は、身体の疲れも 精神の疲れもとってくれる。

 

◆瞑想することで無我の境地をめざさなくてもいい

 ただ ボーッとするだけで十分で

 たまたま 何も考えない状態に入れた時はラッキー。

 

私も瞑想を始めて2年くらいですが

体調が良くなった感じは、確かにします。心も身体も両方いいです。

瞑想を始める前と比べて

・身体の痛みが少なくなった

・炎症反応(CRP)の数値が落ち着いている

・風邪を引きにくくなった

・寒さをあまり感じない

・落ち込むことが少なくなった

考えてみると、上記のようなことが変わりました。

 

以前は、生きるのがとても苦しく、すぐに不安になっていたけど

いろいろあっても

”大丈夫 なんとかなる”と思えるようになりました。

 

特に、朝夕1時間づつ瞑想をするようになってからは

心身ともに安定しているように思います。

 

私の瞑想法は 

決まった時間に、アラームをかけておき

アラームが鳴ったら、1時間のタイマーをかけてソファーに座り目を閉じる。

 

最初10分くらいで終わる音楽をかけます。

私はシンギングボールの音色が好きで、心が落ち着く感じがして

瞑想に入りやすいです。

よく 呼吸に集中するといいと言われますが

私は、それが難しいようなので、

最初だけ 音に集中するようにしています。

 

雑念だらけのときも

寝落ちしてしまっていることもありますが

とにかく決まった時間に、タイマーをかけて座ることにしています。

 

”あー気持ちよかった” ”スッキリした” という感覚が残る時は

うまく瞑想できたときだと思います。

 

瞑想に入りやすい時間帯というのもあるみたいで

私は、早朝の時間帯が一番落ち着きます。

 

よく瞑想は続かないという人の話を聞きますが

私がこれまで続けてこれたのは 

私にはそれだけ 切羽詰まったものがあったのだろうと思います。

たぶん 健康で何の苦労もない幸せな人生を送っていたら

瞑想とは一生縁がなかったかもしれません。