セルフイメージとは?

f:id:kkind:20171213111947p:plain

 

昨夜は、寝室の室温が15度まで下がりました。

冷え込んだ夜は

布団の中が暖かくてとっても幸せな気持ちになります。

ぬくぬくな布団の中で、幸せな気持ちになるって、

寒い冬の夜にしか味わえない感覚ですね。

 

今日のメルマガに

やることをやっていくと、不思議にセルフイメージが上がります。

また、セルフイメージが上がると、毎日の生活が楽しく、

また健康にもなります。生活は、小さなことの積み重ねです。

それをいかに楽しくやっていくかが、ポイントです。

(健康ごはん。 mag2 0001615844 <mailmag@mag2tegami.com>)より

 

何日か前に視た動画の中に

”今抱えている悩みの現実はそのままに、

今自分に出来ることを ただたんたんとやる”というのが心のどこかに残っていたので

今日のメルマガの、”やることを やっていくと”の 言葉に心にひっかかりました。

 

あらためて

セルフイメージとは?と調べてみました。

セルフイメージとは、

   ・自分自身が思い描いている自分のイメージ

   自分自身の思い込み

 

例えば、

自分は社交的な性格だとか、

内向的な性格だとか、

明るいだとか暗いだとか、 自分で思い込んでいること

  

 

人間の思い込みのパワーは強力で

 

 プラシーボ効果で病気が治ることもあれば

 気持ちが落ち込むと、本当に体調が悪くなる こともあります。

 

 

確かに、大変な状況の中でも

毎日をきちんとおくれていると、

気持ちが整い 前向きに生きることができるのかもしれません。

身の回りをきちんとして、生活を整えるということは

身体と心にいい影響があるのでしょう。

 

なげやりになると、それだけで生きているのが辛く苦しいものになってしまいます。

 

思い込みの力 

いい方向に、上手に活用したいものですね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事は大切ですね

f:id:kkind:20171210102259p:plain

健康に過ごせることは 生きていくうえで大事なことですが

毎日の食事は、体調を左右するような気がします。

 

過去に、食事をおろそかにして、体調を崩してしまったことがあります。

夫が発病し、入院生活が長く続いたとき、

自分の食事を作る気力・体力・時間がなく、

コンビニ食を8ケ月ほど続けた結果

原因不明の発熱と、全身の関節痛が起こり苦しい思いをしました。

 

とっても手軽で便利なコンビニ食ですが、添加物が多く含まれ

毎日食べるのは、問題があるようです。

ちょっと検索しただけでも、コンビニ食の危険性はたくさんでてきます。

  

原因不明の病気には、ストレス、過労、食事が関係あるのかもしれませんね。

私は、他にもいくつか病気があり、痛みを伴うことが多いです。

 

 

食事に気を付けるようになってから

・風邪をひきにくくなった

・身体の痛みがでにくくなった

・気持ちが前向きになった          ように思います。

 

 

今は、生協の個人宅配で ほとんどのものを購入しています。

週に1回 自宅に届けてくれます。

 

宅配のいいところは

・自分で買い物に行かないので、衝動買いや、お買い得につられての無駄遣いがない

・体調が悪いとき、外出しなくてもいい

・食材を計画的に使えて、捨てる食材がでない

・コンビニやお弁当に含まれる添加物を摂らなくていい

 

 

食事を作るときの工夫として

冷蔵庫にある食材と

考えられるメニューをメモしておきます。

メモがあるのとないのでは

食事の時間になってから、さあ何を食べようか?と考えても

なかなか思いつかないけど

メモの中から、出来そうなものを作ると簡単です。

 

バランスのいい献立を考えるようにはしていますが、

出来るだけシンプルな調理法にします。

タイマーを使って 煮るだけ 焼くだけが多いです。

調味料もシンプルに、醤油、酢、酒、みりん、砂糖、塩くらいしか使いません。

だしや調味料は、少しこだわって、いいものを使いたいです。

 

バランスのいい食事

◆<主食> ご飯・パン・麺類など主に糖質を多く含む食品

◆<主菜> 肉・魚・卵・大豆・大豆製品など主にタンパク質を多く

      含む食品がメインとなった料理

◆<副菜> 野菜・海藻・きのこ類がメインとなる料理をいいます。 

         f:id:kkind:20171210102743p:plain

 

 

 

 

 

”大丈夫 なんとかなる”

    f:id:kkind:20171202135203p:plain

 

 どうしようもなく行き詰まって、追い詰められたような気持ちになるとき

あるいは、不安な気持ちでいっぱいになったとき

”もうどうにもならない”と思うか

”何とかなる”と思うかで

心に受けるダメージが変わってくるように思います。

 

 嫌な思いに飲み込まれてしまうと、身体も心もフリーズしてしまいそうになるけど

いくら悪い状況が重なっても

今 自分に来ることをただ たんたんとやることは大切なことだと思います。

 

今の自分に出来ることは、体調を崩さないように心掛けることで

その為には

 ・規則正しい生活

 ・バランスのいい食事を作って食べること

 ・質のいい睡眠(早寝早起きを目標に・・・)

 

 

本当に怖いのは

 ”もうどうにもならない”と思い込んでしまうことかもしれませんね。

心が立ち止まって

気持ちが落ちてしまうと、体調にも影響するし

そこから抜け出すのは大変です。 

 

 

一休和尚が弟子たちに残したとされる遺言

    『大丈夫、心配するな、何とかなる』

一休は他界する直前、
「この先、どうしても手に負えぬ深刻な事態が起きたら、この手紙を開けなさい」と、弟子たちに1通の手紙を残した。

数年後、弟子たちに今こそ師の知恵が必要という重大な局面が訪れた。固唾を呑んで開封した彼らの目に映ったのは

大丈夫、心配するな、何とかなる』の言葉だった.  

 

 

 

不安な気持ちになったとき 

”大丈夫、なんとかなる” 

思えるかどうかはとても重要なことのような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

般若心経と森田療法

「とらわれ」の画像検索結果

  

昔読んだことのある森田療法をメルマガで目にした。

改めて、触れてみると

神経症症状(不安、恐怖、パニック、トラウマなど)をおこしやすい性格として
内向的、自己内省的、心配性、小心、敏感、完全主義的性格等

なんか 全部当てはまっている~・・・

 

森田療法と般若心経の共通点を見つけた・・・

”とらわれない心”

でも、頭では分かっていても、なかなか実践は難しいので

理屈で越えられないものを

理屈じゃない 目には見えない未知の力 お経の力で越えられないかな?

 

森田療法--------- 

森田療法とは森田正馬博士(1874~1938)自身の神経症治療と仏教の影響から生まれた日本発の神経症に対する心理療法

森田博士は死の恐怖を解決する為に森田療法を創始した。


◆森田博士が着目したのは、多様な神経症症状の背後には、
内向的、自己内省的、心配性、小心、敏感、完全主義的性格等の神経質性格が比較的共通して認められる。

 

◆この神経質性格を基盤にして、「とらわれ」という特有の心理的メカニズムが働き発症すると考えた。
その心理的メカニズムには、精神交互作用と思想の矛盾が含まれます。

精神交互作用とは、注意と感覚が悪循環に作用して、ますます恐れや違和感が強く感じられることです。

また、思想の矛盾とは、不可能を可能にしようとする心の葛藤のことです。

 

森田療法では、症状へのとらわれから脱して、「あるがまま」の心の姿勢を獲得できるように援助します。「あるがまま」とは、

不安や症状を排除しようとするはからいをやめ、そのままにしておく態度を養うことです。

 

森田療法とは、不安を抱えながらも「あるがまま」という心を育てることによって、生活の中で必要なこと(なすべきこと)から行動し、建設的に生きることを教え、実践させる治療方法で、神経症(不安障害)をのりこえていくことが主眼です。

 

◆「とらわれ」が病気の原因。症状を取り除くのではなく、「受け入れる。」例えば、うつ気分を受け入れる。

 

◆「そのぜん」(そのまま前進)
「いろいろと悩みや問題があるけれど、それはそのままにして、とりあえず、自分が今日出来る事を行い前進する。」これを続けていると、いつのまにか、悩みや問題にこだわらなくなり、病気が治ってしまう。

 

◆悩みを抱きつつ歩くのが人生である。
山あり谷あり、波に合わせて生きる。「あわてず、あせらず、あきらめず」生きる

               <参照:幸福ニュース第828号>より

 

   f:id:kkind:20171124140907j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きるとは、息(をす)ること

f:id:kkind:20171115110155p:plain

何か目に見えない大きなものに 圧し潰されそうになる時がある

心がギュッとなって苦しくなる時がある

困難に直面したとき、

自分にどれだけ秘められた力があるのかは分からないけど

ツライ時の乗り越え方のカードは、多いほどいい

 

息をすることは、当たり前すぎて、

普段どんなふうに息を吸って 吐いているのか 気にも留めないけど

 

できるだけ、ゆっくり 深い 呼吸を意識してみると

だんだん落ち着いた気持ちになってくる

 

◆ゆったりした呼吸の効果として

・リラックスできる・・・恐怖や不安が軽くなる

・心地よくて、穏やかで幸せな気持ちになる

・痛みの軽減

・便秘解消

冷え性の改善

・脈拍、血圧が低くなる

ざっと検索しただけでも、これらの効果が期待できるようです。

 

実際 瞑想+ゆったりした呼吸で、すごく気持ちがよくなります。

腹式とか胸式とか、数を数えるとか 難しいことは抜きで

ただ ゆっくりと深く呼吸する 

これだけ覚えておくと、いいと思います。

 

呼吸が日々の幸福感、
感情、心に与える効果もあるとしたら、

しっかりとした呼吸を意識することは
非常に大切ではないでしょうか。

 

呼吸というのは、

酸素を取り入れ二酸化炭素を吐くこと

communication-relationship-skill.com

 

◆恐怖心を消すには呼吸

メンタルケアは役に立たない
恐怖心を感じた時、怖くないと自分にいい聞かせても大した効果はえられない
理由は意志の力によって恐怖心を抑え込むのには限界がある

恐怖心は、人が生まれ持つ本能
本能は意志よりも、ずっと強力
恐怖を抑え込めないのも、睡眠欲や食欲は、意志では抑え込めないのと同じ

専門家の手を借りたり、家族や友人の力を借りる方法もあるが
いつでも、誰かがそばにいるわけではない

自分が直面した試練を乗り越えるのは自分自身

自分で苦難を乗り越える方法を知る

               <システマブリージングより>

f:id:kkind:20170719105934p:plain

 

 

◆呼吸をゆっくりにすると、視床下部の副交感神経を刺激して、心臓の活動が遅くなり、血圧が下がる。胃腸の働きを高め、消化、吸収を促進させる。つまり、休息の指令が全身に伝わる。

 

◆「不安、心配、意欲の減退、自責などの感情は薬では治せません。自分の心で治すしかないのです」

                <脳科学者 高田 明和さん>

http://mindfulness.jp/noukagaku/fl-gendaikagaku/c7-sinkokyu.htm

 

 呼吸法はいろいろな種類があって、奥が深いようですが

少しでも楽に生きられるといいなと・・・

 

 

 

 

希望とは心の変化のなかに・・・

 f:id:kkind:20171106104644p:plain

ある程度の年齢になると、

人生こんなものかな~と、あきらめに似た気持ちを持ちますけど

わずかでも希望があると、生きるのが少し楽になりそうな気がします。

 

 

”希望”っていい言葉ですね。

希望は、自分の外側にあるものではなくて

自分の心の 変化の中にあるーーーーーーーだそうデス。

 

 

養老孟司(解剖学者)さんの言葉

希望とは 自分が変わること

 

希望は、何かいいことが起きるとか 外の世界が変わるように考えるけど

 

自分を固定させておいて、外の世界が変わることを期待すると
希望はなくなる

 

自分が変わると、とんでもなく世界が広がる


価値観そのものが変わると、世界が変わる

 

目の前のものは、同じだけど、見方を変えることで変わる それが希望

世の中を変えるのは難しいが、

自分を変えることのほうが早いし何とかなる

それが生きているおもしろさでもある
自分の考えや意見は、どんどん変わっていい
むしろ変わらないと面白くない

 

希望は自分が変化することで生まれてくる

他人を変えるより、自分を変えるほうが早い

 

 

”希望とは自分が変わること”

1:03~4:47

www.youtube.com

    <ラジオ版学問のススメ:2011年5月放送分より>

 

奇跡がおきて、

病気が治るとか 自分を助けてくれる人が現れるとか ということは

現実的には難しいけど

何かのキッカケで、自分の中に、いい想いが生まれて

それが希望につながることは、可能かもしれません

自分を助けてくれる言葉というのは、存在しそうです。

 

自分を変えるということは、今の自分がダメだということではなくて

今まで生きてきた自分の人生を土台として、 進化していけたらいいのかな~と

足りないものを補って、より良いものに近づけていければと・・・

 

 

 

 

いい情報に出会う偶然

f:id:kkind:20171105150255p:plain

ネットの中にはたくさんの情報がありますが

いい情報に出会う時と、無駄な情報に出会う時があります

偶然たどり着いたサイトに、すごくいい情報があり、

心が軽くなっていくこともあります。

 

セレンディピティという言葉がありますが

いい情報に出会うのも、自分の持つ運というものなのでしょうか?

セレンディピティとは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。

また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。

ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである。 ウィキペディア

 

世の中には、自分の知らないことが

まだまだたくさんあって、

初めて知ることや言葉に心がウキウキする瞬間があります。

それは、明日を生きるエネルギーに繋がることもあります。

 

 

ネット上で、無料で、自分の興味のある分野の話を

いつでも聞ける講演サイトを見つけました。

いい話を聞くことは、生き方のヒントになったり、新しい力を貰えたり

違ったものの見方を知ることになったりと

得るものが大きいです。

 

 

 講演とは ”知る”ことを楽しむことwww.ctv.co.jp