気力不在のときは

f:id:kkind:20170823095534p:plain

 

あまりに否定的なことを書いて、

人様の気持ちをもり下げてはいけない かなという気もするのだけれども

やっぱり人というもの、気分は毎日コロコロ変わるので

前向きな日ばかりではないカモ・・・

 

昨日は体調が悪く、1日ダウンしていました。

体調が悪いと、気力もどっかにいってしまうみたいで

ただただ横になって、起き上がれない~

体調が悪い時、一番困るのが食事です。

きつくて動けない

でも 食べないと、ますますきつくなるし・・・

インスタントとか冷凍食品は、身体が受け付けません。

無理に食べると気分が悪くなります。添加物に敏感な体質のようです。

 

基本 家ごはんなのですが

体調が悪い時のことも考えて、

ご飯とみそ汁はまとめて炊いて

いつも冷凍庫にストックしてあります。

 

ご飯は炊きたてを、専用のタッパに一膳づつ入れて

みそ汁は、まとめて作って、1食分づつをタッパに入れて冷凍します。

冷凍しても大丈夫な具(わかめ、ネギ、油あげなど)を入れるか、

具なしみそ汁を作って、温めるときに、豆腐などを入れて温めるかです。

出汁は、こんぶと煮干しでしっかりとると美味しいです。

朝のみそ汁は、身体と心に優しく、気持ちが目覚める気がします。

ストックご飯とみそ汁があると、体調不良のとき安心です。

f:id:kkind:20170823091509p:plain

画像はお借りしましたが、こんな感じのご飯冷凍用のタッパを使うと味が違います。

炊いたご飯を、湯気ごと保存容器に入れると冷凍しても美味しく食べられます。

ラップで包むより、めんどくさくないし

茶わんに移し替えなくても、そのまま食べられるし

食欲がない時は、ラップを広げて のりを敷いてポンとひっくり返せば

おにぎりも簡単です。

独り暮らしには、便利ですよ。

 

気分は、毎日変わるけれど

体調が悪い時や、痛みの強い時は

ほんと絶望的な気分になります。

 

でも、絶望的な気分が毎日続くかというと、そうでもなくて

毎日 日替わりでいろいろな気分がやってきては去っていく

気分も天気も同じようなものですね。

天の気分でさえ、晴れも曇りも、雨も、嵐もあるのだから

人の気分も、いろいろあって当たり前

それが自然ということなのでしょう。

 

 

 

 

 

 

天気病と小さな目標設定

f:id:kkind:20170820083426p:plain

               <画像 https://pixta.jp/illustration/12987294

 

今年の夏は、なんだか曇り空が多くて、

真夏の青い空と入道雲を見ませんでした。

 

今朝は、久しぶりに朝日が顔を出す瞬間を見ることが出来、

少し元気をもらえた気がします。 

 

陽の光が届かないと、植物が育たないように

人の身体や心に影響を与えるものなのかもしれません

 

厚い雲のかかった空が続いた今年の夏は

なぜか 体も心もきつくて

生きること自体がきつくて

大切な何かを見失いそうで

未来に何の希望も持てないような気がして・・・

 

何度考えても、生きる意味は分からないけど

人は何かを学ぶためにこの世に生きているのかもしれないなぁ~

愛すること、愛されること、愛する人を喪う哀しみ、

身体や心の痛み、苦しみ、孤独、・・・

全ての出来事が、この世での経験で

人それぞれ学ぶことは違うけれど

何かを学ぶために、生き、

日々何かを感じて生きることが、学び

なのかもしれませんね。

 

今の時代に生まれた私たちは

ネット環境さえあれば、いろいろな事を学ぶことが出来ます。

興味のあることや、壮絶な生き方をしている人のブログ、いろいろです。

 

 

最近 生きるのが少しきつくなっているので

小さな目標を設定しました。

それは 早寝の習慣

早起きは定着してきたので、今度は早く眠れると

もっと日中すっきりするかな~と思います。

眠れないのも辛いものですが

眠たくてたまらないのも、少々やっかいです。

今日から、しばらく起床時間と就寝時間をノートに書いてみることにします。

 

目標が日課になり、それを定着させるには、

紙に書いていつも目にする所に貼っておくといいようです。

すごく単純ですが、効果あります。

人って、すぐに忘れるから、

きっと 目標自体を忘れてしまうんですよね。

 

小さな目標でも、あると 少し生きやすくなるかもしれません。

近日中にやることを、付箋メモに書いてテーブルの端っこに貼っておくと

必ず達成できますよ。

達成するまで、その付箋メモが消えないわけですからね。

f:id:kkind:20170820082004p:plain

買物もメモしておくと、買い忘れがなくなります。

 

 

 ★身体と天気の関係

mamanoko.jp

 

 

 

 

 

 

ひとりテレパスごっこ

 f:id:kkind:20170815105844p:plain

人は、1日10万回思考するという研究結果があり

意識的にしろ、無意識にしろ

常に何かを考えているようです。

 

以外と自分の考えていることは、自分でもよく分かっていないような気がして

意識しながら、自分で自分の心を覗いてみると・・・

 

考えていることによって

気分にだいぶ影響を与えているようです

 

ひとりテレパスごっこで感じたのは

自分ではあまり意識していなかったのに

私は、自分でも気付かないうちに、

亡き夫の事を考えて、面影を見て、次々に連想して

最後は、悲しみで終わる・・・

ことを繰り返しているみたいデス

 

なんか気分が落ちるのも当たり前なような気がします。

 

哀しいことを考えると、気分が落ち ↓

笑うと、気分が上がり ↑

単純で、当たり前のことだけど、そうなっているみたいです。

 

最近、電子書籍の漫画をよく読むようになりました。

電子書籍は、便利でワンクリックで買えてしまうので

あ、無駄遣いしたかな?と思うこともありますが

何か、楽しめるものや感動できるものに出会えるのもいいかもと思います。

ウツウツとした時間を過ごすよりも、

時を忘れるくらい 何かに夢中になれるって、幸せなことだと思います。

 

まだ知らないものに出会って感動したり、思わず笑ったりしている自分に

あ、私 ”まだ笑えるんだ”、”まだ感動できるんだ” と

少し不思議な気がする時があります。

普段立ち止まっているようにみえても

何かに心が動く瞬間があるということが、

まだ 生きていることかもしれません。

人の心を動かせるような物語を描ける人ってスゴイナ~と思います。

 

 

全く何も、考えていない時間はというと

・寝ている時

・深い瞑想に入れた時

・何かに夢中になっている時(没頭している時)

 

嫌なことが頭をぐるぐる回ってどうしようもない時は

何も考えない時間を意識的に持つのもいいかもしれません。

瞑想の習慣を続けていると、自分を助けてくれることにつながるかもしれませんね。

 

アメリカの心理学の研究によると、人間は1日におよそ6万個の物事を考えると言われています。睡眠を除くとほぼ毎秒、何かを考えているのです。

そしてほとんどの人間がその6万回のうち、95%昨日と同じことを考えていて、

80%はネガティブなことを考えているとのこと。

ポジティブな生き方に必要なのは、「忘却力」であると言われています。 www.tfm.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心が読めたり、読まれたり・・・

f:id:kkind:20170814102928p:plain

 

高台家の人々

テレパス(人の心が読める)である高台光正 

その能力は祖母から受け継いだもので、弟と妹にも同じ能力がある

 

人の心が見えるというのは、きっと不幸なことで

知りたくない悪意の思いや、ねたみ、嫉みでいっぱいな人の心を見ていると

まともな人間関係を築くのは無理かも・・・

ある日 面白い妄想とふんわりした性格の平野木絵と出会い

光正の心がほぐれていく

という物語です。

実写版よりも、漫画のほうが面白かったです。

最近 よく漫画と実写版を見比べるのですが

漫画のいい所は

感情とか、表情が分かりやすい

吹き出しがあるので、心の声と、口に出す声が一目で分かる 

のがいいな~と思います。

映画だと、ちょっと細かな感情の部分を

自分で補わないといけないので、想像力がないと

面白く感じられなかったりすることがあります。

f:id:kkind:20170814104727p:plain←こういう怒りマーク 漫画では簡単なのに、実写となると、難しいかも・・

 

 

もしも 他人に、私の心が読まれたら?

私は、ぼーっとしている時って何を考えているのだろう?

と考えたら、無防備な時って自分でも自分の考えに気付いていないんだろうな~

暗いこと考えて、落ち込まないようにしないといけないな・・・

 

もしも 私に他人の心が読めたら?

やっぱり生きづらいだろうな・・・

はっきり口に出してきつい事を言う人と

ニコニコしながら、心で悪態ついている人

どちらも怖いけど、口に出していう人のほうがまだましなのかな~?

 

 

はっきり人の心が読めるテレパスほどではないけど

空気を読みすぎるエンパスの人は、普通に存在しそうです。

(私もその傾向はあるかもしれません)

エンパスとは、
共感力が非常に高く、他人の感じていることをまるで自分のことのように感じてしまう能力を持つ人のこと

人ごみでとても疲れる、大所帯が苦手、
人の痛みが必要以上に分かってしまう

www.el-aura.com

 

アメリカインディアンの生き方

f:id:kkind:20170804104800p:plain

イーグルに訊け”

FeBeのチケット交換でお得に入手しました。

日本では、本の割引き販売は出来ない決まりがあるそうですけど

聞く本のFeBeだと、安く購入できますよ。

FeBeや電子書籍だと

聞いたことのない言葉は、その場で調べることが出来るのもいいかなと思います。

 

私は、インディアンとか先住民族の、自然に対する考え方が好きです。

前世占いでは、アボリジニに飼われていたコアラとでたことがあります。

インディアンの酋長の名言はいろいろありますが

ちょっと残しておきたいなという箇所を、メモしてみました。

 

彼ら(インディアン)に学ぶ8つの世界観

 

①他力(思い煩わなくてもなるようになる

つまならいことにくよくよ悩んだり、いたずらに未来に不安を感じたり、思い通りにならない周囲の状況にイライラするのを止めて、もっと大きな力に身をゆだねるという生き方

インディアンは、この世の全てのものに、創造主ワカンタンカが関わっていると信じている。

自分で、どうにもならない現実をどうにかしようとするのは止めて、全てはエゴを手放して、大いなるものの意志にゆだねて生きることが大切。

 

 ②感謝

彼らは、ありとあらゆるものに、感謝の祈りを捧げる

ワカンタンカ(創造主)に始まり、スピリット、祖先、太陽、月、大地、石、水、そして地球に存在するすべての生き物に感謝することが、インディアンの主な祈りです。

“今日も1日すばらしい日をいただいてありがとう”と感謝の言葉をのべる。

私たちは、今日1日を生きられる喜びを感じられずに、すぐに不平不満でいっぱいになってしまうけど、彼らは当たり前の日々の尊さを、思い出させてくれるし、幸せに生きる道を知っている。

 

 ③受容

自分の身の回りにいる人や、身の周りに起こることを、全て創造主からのプレゼントとみなし、全部を受け入れていこうという思想で、外側に働きかけて悩みを消そうとする西洋的な思想とは正反対。

自分自身の内面を深く追求するという姿勢

従って、不平不満を抱きにくく、心は常に平安に満たされている

 

 ④平等感

創造主から生まれた全てのもの(人、人以外の動物、植物、水、鉱物・・・)が

私たちの親戚であり、兄弟である。

インディアン達は、人だけが偉いのでもなく、全ての生命に上下関係はなく、繋がっていると説いている

全ての存在が、平等

  “人間が命の糸を編んでいるのではない

    人間はその中の1本の繊維に過ぎない“  シアトル酋長

 

 ⑤尊重

他人の話や立場を非常に尊重する

彼らは、年齢や性別や身分で差別することが一切なく、全ての人を尊重する。

 

 ⑥ギブアウェイ精神

他人が必要とする時に、自分の持ち物を他の人々に分かち与える風習

 

 ⑦平和

心の平安を非常に大切にする

”ブラック・エルク(オガララ・ラコタ族)の言葉”

いちばん重要な、最初の平和は、人の魂のなかに生まれる。 

人間が宇宙やそのすべての力とのあいだに、つながりや一体感を見いだせたとき、その平和が生まれるのだ。宇宙の中心にはワカンタンカ(創造主)が住まい、しかもこの中心はいたるところにあって、それはわしらひとりひとりの内部にもある、と理解したときにな。これこそが真実の平和なのだ。ほかの平和はすべて、この真実の似姿にすぎん。

二番目の平和というのは、二人の人間のあいだに生まれる。

そして三番目の平和が、二つの部族間にあらわれる。

しかし、わしがしばしば言うように、人の魂のなかに生まれるものこそが真実の平和なのだから、その平和をまず知っておかない限り、部族間の平和などとうてい実現せぬということを、なによりも理解しなくてはならん。

 

 ⑧循環

自然とは本来全てが形を変えて移り変わり、バランスの中で息づいているもの

 

 

これらの8つのことは、人種に関わらず、人間として生きるための基本だが、私たちはその当たり前のことを忘れかけている。

インディアンたちは、それを思い出させてくれる。 

                  <イーグルに訊け より>

 

 

人は、分離感(孤独・誰ともつながりを感じられない感覚)を持つ時に、

不幸を感じると言います。

では 反対に幸せを感じる時は?

誰かと繋がれたと感じる時かもしれませんね・・・。

それは、たった一人の誰かでもいいし、ペットでも、

誰かの書いた言葉でも、

自然とでもいいし・・・

繋がりを感じるという感覚を

もっと大切にしていけたらいいのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

光と風と優しさと

f:id:kkind:20170802080457p:plain

人が活動を始める前の空気感が好きです。

静寂と新鮮な空気を感じながら、

光や風や緑、鳥や虫 この星の声を

目や耳や皮膚で感じてみる。

少しだけ早起きした朝は、気持ちにもゆとりが生まれる気がします。

 

今朝は、早朝の空気感が少し違っていて

蝉の声が控えめで

届く光が嬉しくて、風の中に甘い香りが混じっていて

レースのカーテン越しの光と風が優しい・・・

立ち止まっているように見えても

時は確実に流れているんだな~と感じました。

 

今が一番暑い時期だけど

8月7日(月)は、立秋

あと数日で 暦の上では秋です。

 

なんとなく

自然を感じられるだけの心が残っていれば、まだ大丈夫だという

思いが心のどこかにあって

何度となく 自然の風景に助けられてきたことを身体と心が覚えています。

 

身体を持って生きるということは、同時に痛みを伴うことで

悩みがなくなるということもなく

握りしめている重荷を、簡単には手放すこともできないけれど

ここに 身体があるからこそ感じられる感覚もあるものかもしれません

身体が無くなったら、魂は残るかもしれないけれど

どうやって 風を感じればいいのか?

どうやって 光の暖かさを感じればいいのか?

 

生きることの意味は

”悩む”ことかもしれません。

悩むことで、いろんな答えを探して

気付けば、生きていく上での大事な何かに気付くこともあるかもしれませんね。 

 

あと 残りのこの人生で

どれだけ 心地いいという感覚を見つけられるかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きるエネルギーの源

f:id:kkind:20170719132600p:plain

とっても、不思議なのだけれど

今、生きることがとっても楽しい

好きなことをしている時間は、とても早く通り過ぎて

眠る時間も、食べる時間も、もったいないくらい・・・

独りでしか出来ないこともあるものです。

私の人生から、夫がいなくなった時

私の人生も終わったと感じたものだけど

もう笑ったり、幸せを感じることはないと、その時思ったのだけれども・・・

 

私に、力や やすらぎをくれるのは、いつでも夫で

母親や姉や兄は、心配はしてくれるけど

私のパワーの源ではなくて・・・

夫がいなくなったら、もう充電できないって思っていたけど

他にも、充電方法はあるかな~?って・・・

本の言葉や、感動して涙がでる映画やアニメ

自然の風景や、陽のひかり

 

気付けなかっただけで、

本当は思いやりに満ちている周りの人々の言葉たち・・・

 

もしも また

何かにつまづいて、人生を、いまを生きることを、

見失う日が訪れても

生きてさえいれば

また きっと、生きる力の源になる何かに出会う日が来る

と思います。

 

気付きや幸せは

見ようと、気付こうとすれば、そこにあるものかもしれません。