困難・・・魂の上級者?

f:id:kkind:20170913105257p:plain

困難 

  1. 物事をするのが非常にむずかしいこと。また、そのさま。難儀。

  1. 苦しみ悩むこと。苦労すること。

 

困難な出来事は

前世での行いの結果 または 

魂の計画という話を聞くけれど・・・

  

 

”なぜ 人は生まれ、そして 死ぬのか”  大門正幸(著

「「なぜ人は生まれ、そして死ぬのか?」」の画像検索結果

この本の一部に

退行催眠中に語った 過去世の内容を

科学的に検証、研究したものの記載がありました。

 

人柱になって、洪水から村を救い16歳で生涯を閉じた少女が

生まれ変わり

現在 リサという名前で、難病に苦しむ人生を送っている 

因果の法則からいったら、

前世で村を救ったくらいの善行をしたのなら

生まれ変わって幸せな人生を送っていいはずなのに ・・・

 

なぜ 何度も苦しい人生を送るのか?

村を救った少女の次の人生が、また困難な人生って・・・?

魂のレベルが上がれば上がるほど

難しい問題に挑戦する仕組みになっているのかな?

 

◆本の中での退行催眠中に リサさんが語った言葉

(質問者)なぜ、苦しみを2度も味合わなければならないんですか?
     いかにも、不公平な人生ではないですか?
     その理由は何でしょう?
(リサ)魂を高め、人を救う道に位置付きし人です。
(質問者)じゃあ、病気になることも、

     リサさん自身が中間世で決めたことですか?
(リサ)そうです。
(質問者)それは、リサさん自身が魂として選んだ道ですか?
(リサ)魂の私が選びました。

もしそのことを、現世のリサさんがはっきり自覚できたら、彼女は救われ、その苦しみを乗り越えられるだけの力が得られるそうだ。

 

信じがたいかもしれないが、
辛い境遇にある人の多くが、退行睡眠を受けて、中間生に行き、

「大いなる存在」につながると、

辛い境遇は自分で選んだことで、

今の状況は順調な学びの過程だと言われる。

 

◆魂の立場で人柱になる人生を考えてみる

  <目的> 大勢の人を助ける

  <設定> ・人柱になるのを止める人がいないように、天蓋孤独の身の上

       ・悲しむ人がいないように、人との関りを少なくする

  <”人”の立場での経験> 辛い、空腹、孤独、寂しい、大きな恐怖

 

大きな目から見たら、大勢の人を救うという目的があるけど

人間の女の子の立場にとっては、辛くて悲しいだけの人生で

生きながらに、人柱にされるって、とんでもない恐怖を味わっただろう

 

 

何の苦労もない幸せな人生が、易しい問題を解くようなものだとしたら

困難な人生は、難しい問題を解くようなものかもしれない

その人生を産まれてから死ぬまでを経験することが、試験そのもので

解答は、経験する人生の中から得る気付き

 

目的があって

自分でこの人生の計画をたててきたのならば

きっと 幸せになることが、人生の目的ではなかったのだろうと思う

恵まれている事実は、捜せばあるのだろうけど

苦しむことの意味が分かるのは、この世を終わってからだろうな・・・

 

 誰の人生にも

生まれる前にたてた計画で 何か目的があるのかな?

最初っから、困難を経験するために生まれてきたと思えば楽なのかな?

 

 

 

 ※ 以前に書いたこの本のまとめ ↓ 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

切ない・・・夏雪ランデブー

関連画像

 

切ない

   悲しさや恋しさで、胸がしめつけられるようである。

 

夫婦で、

先に逝く 残される確率はそれぞれ50%

必ず どちらかが先に死ぬことになる

 

愛する人を残して逝く

愛する人を喪う

逝く方と残されるほう どちらがつらいのか?

死んだ人は、死んだ時点でこの世での苦しみは終わると想像していたけれど

そうでもないのかな?

 

f:id:kkind:20170912125441j:plain

 "いやだ おいていかないで

 お願い 独りにしないで "

 (死を迎え、身体から抜け出した直後 妻の言葉に心が動いた)

 

◆30歳という若さで人生をあきらめてしまっている未亡人・・・島尾 六花  

       f:id:kkind:20170912130626p:plain

”島尾君がいなくなっちゃったとき
あんなに覚悟していたつもりだったのに
こんなに悲しくて寂しいことが
どうして起こらなければいけないのかって 耐えらなくて 
どうにかなっちゃいそうで

けど 私はいまだにこうして生きていて
世界は ちょっとやそっと絶望したくらいじゃ 
ちっとも 終わらないんだなぁって思った”

 

”一生分泣いたと思った。

先が真っ暗で、何から手をつけていいのか分からないくらい混乱してた。

でもあの人は、生き返ることはなかったし、今は骨・・・

忙しさに救われて今日(こんにち)”

  

 

◆霊になっても 妻のことをそばでずっと見守る夫・・・島尾 篤

     関連画像

 ”六花ちゃん 僕幸せだった

大好きだった女の子と一緒にいれて

人生のお終いに2人でいれて

あの時 呼び止めてくれたから、僕もうどこにも行かないって決めたんだ”

 

 

◆六花のことを一途に想う青年・・・葉月 亮介      

    f:id:kkind:20170912202220p:plain

これから先の店長(六花)の時間 俺がもらうから

だって 目の前に健やかな店長(六花)が生きて呼吸している

伝わる熱が楽しい

死ぬまで生きていくこの奇跡

好きです・・・

 

◆テーブルを挟んで 目の前にいる大切な人と、一緒に食卓を囲む暖かな感覚  

      f:id:kkind:20170912124353p:plain

 

 

時は経ち

葉月青年と、六花ちゃんは結婚して、子どもや孫も出来

葉月は、六花との約束通り

六花より少しだけ長生きして、65才の生涯を閉じるが

霊になった島尾篤は、今も死んだ時の若い姿のまま、さまよい続けている・・

 

  

 

www.youtube.com

 

 

 

どんな未来も ふたりで見たかった

どんな想いも 伝わる距離で

君の旅立ち 覚悟してたのに 背中押す言葉 声にならない

最後につよく 抱きしめたあと

ぬくもりと同じだけの 哀しみが 僕の心つつんだ

優しくなるための サヨナラ  僕だけの幸せをくれたひと

いつかまた会えるまで 本当の君が見つかるまで 笑顔忘れないで

                 <see you・・・オープニング>

 

いつも夢の中では あなたは笑ってる

 あなたに出会わなければ

こんなに切なくて
胸を締め付けることもなかった・・・それでも
あなたに出会えなければ 

強さも優しさも 知らないまま
部屋の隅で泣いてた 何も見えずに

 

あなたに出会わなければ 

こんなに寂しくて
涙が止まらない夜はなかった・・・それでも
あなたに贈りたい ただ、「愛されていてね・・・」と
包まれてた はじめて笑えた夜の わたしのように

 

もしも願いがひとつ 叶うのなら もう一度触れてほしい
生まれてよかったと感じれた あの朝日に照らされて

 

あなたに出会わなければ 強さも優しさも 知らずにいた
目を閉じれば すぐそこに あなたがいる
いつまでも まだ 目を閉じれば すぐそこに あなたがいる

    

      <あなたに出会わなければ~夏雪冬花~  Aimer(エメ)>

                          エンディング

  

 

☆彡ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大切な愛する人の死は特別で

中途半端な想いだけが残る

嫌いになって別れたわけでもないのに

相手を想う気持ちはそのままで 身体だけが無くなって・・・

行き場のない想いだけがさまよって

いつまでも いつまでも

 

もしも 霊になった夫が いつもそばにいてくれたら、嬉しいかも・・

いくら時が経っても、1日だって忘れた日はないし

愛する人の霊は 全然怖くなくて、むしろ嬉しいと思うな~

 

 

 

 

 

 

 

運命・・・気付いたときにはもう

 f:id:kkind:20170909132253p:plain

運命

・我々の意志をこえたところで 我々の行為や存在を支配している力 

・人間の意志を超越して人に幸、不幸を与える力。

 また、その力によってめぐってくる幸、不幸のめぐりあわせ。運。

 

目の前に、道はいくつもあるように見えるけど

自分に見えているのは、1本道だけで

その先に待っているのが、困難でも、幸せでも

生まれてきた以上は、

この道を進むしかないのかもしれない

 

過去をふり返れば そう思えるような出来事がいっぱいで・・・

もしもあの時 違った選択をしていれば

違った人生だったかも

なんていうことは、実際はなくて

最初から 道は1本しかなかった

岐路に立たされているように見える場面でも

実は道は、最初(生まれる前)から決まっていて

そして 今の自分があり

計画通りの経験ができているものかもしれない

「岐路」の画像検索結果

 

  気付いたときには、もう病気になっていて

  気付いたときには、もう結婚していて

  気付いたときには、もうこの性格で

 

幸せになるだけが、人生の目的ではなくて

”不幸な出来事を経験する”人生があってもいいのではないか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目標・・・とりあえず今日を生きる

f:id:kkind:20170902102105j:plain

目標

 そこに行き着くように、またそこから外れないように目印とするもの。

 

人は 先の見えない明日に不安を感じる生き物かもしれないけど

とりあえず、”今日をなんとか生きる”ことを目標にする

体調が悪い日も

落ち込む日も

少し元気な日も

いろいろな1日がやってくるけど

とりあえずの目標は、今日1日のことだけにしてみる

 

そしたら

明日が、また今日になって・・・・

そんな小さな目標を繰り返していると

道に迷わず

ちゃんと、ゴールにたどり着けるように思えます。

 

スタート(誕生)から ゴール(死)までの間の

階段の数と 階段の高さは、人それぞれだけど

哀しい日でも、楽しい日でも、どんな1日でも、

今日1日を生きることが出来たら、一つ階段を登れるしくみだといいな。

そして、高い所に行くと、それまで見えなかった景色が見えるかも?

 

 

生きるとは、

喜び、怒り、哀しみ、楽しく

泣き、笑い、悩み、時にはとまどいながら、

1日を過ごし、

そして また明日が来ること・・・カナ?

 

 

 

 

優先順位・・・瞑想に迷う

f:id:kkind:20170901075650p:plain

優先順位 the order of priority

  取りかかるべき物事が複数ある場合、取りかかる順番を決めること。 

 

朝起きてすることは、

・瞑想

・身支度

・仏壇にお茶と線香をあげる

・洗濯

・朝食

・メールチェック・ブログチェック

 

順番は、その日によって違います。

順番を間違えると、1日の流れが悪いように感じることがあります。

朝と寝る前の瞑想を目標にしていますが、

気分が乗らないとき、忙しいとき、など 出来ない時もあります。

 

瞑想を後回しにすると、他のことに追われて、結局できなかったりします。

たまに、”あれ? 瞑想って何の為にしているんだっけ?”となるときもあります。

瞑想の本を読んでいて、やり方を迷うときもあります。

 

瞑想は起きてすぐがいいのか?

身支度を整えてからがいいのか?

瞑想より仏壇のお茶が先か?

場所は、寝室がいいのか? リビングがいいのか?

と いろいろと迷う日々 ブログからヒントが・・・

「朝15分の瞑想」

起きたら布団やベッドの上でかまいませんから 
正座か足を組んで必ず瞑想すること。

純粋な気持ちで、ひたすら「光に満ちている姿」をイメージするだけでいいのです。
一年間続けると とても落ち着いた、心がブレなくなっている自分を発見するでしょう。

「私はいつも光に満ちている」 と唱えながら
ゆっくりと長い呼吸を繰り返して 瞑想しましょう。

そうすると 不安な気持ちが、お任せの気持ちへと変わり
不思議と自分が「結果オーライ」 の世界に入ったことがわかる日がきます。
これがそうなのか・・ という想いが あなたに光をもたらすでしょう。

その代り 一日も欠かさずに継続することです。

あなたの人生は 必ず変わります。

サンマーク出版「無敵の経営」より)

ameblo.jp

 

”瞑想は、朝起きてすぐ 寝室で” 

というのを定着させようと思います。

ベットの中だと、二度寝するかもしれないので

起き上がって、寝室でするということにします。

 

 

瞑想をはじめたのは、”わらにもすがる”思いでした。

夫の死や、他にもいろいろなことが重なって

毎日が、苦しくて苦しくて、どん底の暗闇から何とか抜け出したい。

人は、死ぬまで生き続けなければならないのだから

生きるのが少しでも楽になればいいなという気持ちもありました。

 

 

ひどい不眠が解消したのも

朝早く起きられるようになったのも

少しは、生きやすくなったのも

片付けや、お風呂を先延ばししなくなったのも

瞑想をはじめてからのように、思います。

 

 

一見、無駄な時間のように思えたり

何の為の瞑想か、迷うことは多々あるのですが

目に見えないところで、心と身体に効いているのだと思います。

 

瞑想は

時間とか姿勢とか、やり方にこだわってしまうと続かないかもしれないので

”続ける”ということが、重要だと思います。

 

メルマガやブログの中のちょっとした言葉にヒントをもらうことってありますよね。

 

優先順位を考えながら

今日を生きてみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パニック障害(PD)・・・日々人の描写

f:id:kkind:20170831142711p:plain

パニック障害(PD)  <panic disorder>

 突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、強い不安感に襲われる病気。 

 ※ disorder(ディソーダー) ⇒  無秩序,混乱; 乱雑 

 

私も 診断はついていないけど、たぶんコレです。↑

しかも、結構年期入っています。もう 治る気がしません・・・

心の事は、言葉で表現するのが難しいのですが

宇宙兄弟の中で、パニック障害のことが取り上げられていて

本人にしか分からない苦しさの描写とか 心の動きとか

なるほどと思ったので、ちょっとまとめておこうかなと思います。

 

<アニメ 宇宙兄弟より>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ◆発症のきっかけは、事故で命を落としそうになったこと

◆最初は、症状が受け入れられず、人に知られる前に治そうとする

◆現状を何とかしようと、焦れば焦るほど、症状はひどくなっていく

パニック障害を、理解し協力してくれた人たちの存在

◆悩みそのものから少し離れることができたとき、少し心に余裕ができ

 乗り越えられるきっかけができたかも・・・

◆自分を客観的に見ることが出来れば、治る可能性がある

 (鏡の中の自分を観察するように?)

◆一緒に育った兄の存在は大きかった

 パニック障害に苦しむ弟に、気の利いた言葉はかけてやれなかったけど

 ”まぁ あいつは大丈夫だろう”という思いが、弟に伝わったのかもしれない

◆宇宙飛行士復帰をかけたパニック障害が治ったかどうか確認するテストでは

 発作がおこりそうな不安を感じたとき、

 三面鏡で、おもしろい顔をして兄と遊んだ子供時代のことを思い出していた。

◆薬よりも、兄がくれた面白いお守りのほうが効果があった

f:id:kkind:20170831152426p:plain

 ↑ 兄がくれた PD(プリティドッグ)の三面鏡手鏡のお守り

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

結果的には、パニック障害を克服することが出来たんですけど、

もう1度月に行くという願いはかないませんでした。

でも、克服した過程を見ていたら、なんだか少し希望が感じられました。

たぶん 思いも、感じ方も、乗り越え方も、人それぞれに違うとは思いますが

自分が経験してみないとわからないことってたくさんありますね。

 

 

これまでの人生を振り返ってみて

失敗も、後悔も、恥ずかしい思いも、たくさんあるけど

全ては、過去に流れていくということが分かりました。

時間が経つと、薄まる思いもあります。

 

強い不安や恐怖感は

毎日を生きづらくするけど

大切な何かを教えてくれることもある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっぴぃ えんど

「happy ending」の画像検索結果

happy ending 意味

全ての問題が解決され、関与する人が皆満足するような結末。

 

先日は楽しみにしていた電子書籍の漫画の配信日でした。

400円で買える幸せは、安上がりですね。

 

忘れがちだけど、何かを心待ちにするという感覚って、大事かもしれません。

最近は ”続きはどうなるのかな?”と毎週心待ちにするようなドラマがないです。

 

ハッピーエンドでスッキリ終わる物語は、結構幸せな気分になります。

今を生きる現実は厳しいけれど、

せめて物語の中くらいは、幸せ気分を味わいたいものです。

 

私の知る物語でのハッピーエンドの共通点は

”強くて優しい心” + ”逆境” + ”孤独” = ”気付き”

逆境が 心を育てるのか?

逆境を乗り越えていけるのだけの心を持っているから

ハッピーエンドが待っているのか?

また 孤独のなかには、たくさんの教えがつまっているように思います。

孤独でないと気付けないことはたくさんあります。

一人で、悩み苦しむ時間に、強く優しい心が育っていくのかもしれません。

 

愛情あふれる家族や友人に囲まれながら、困難を乗り越えていくというのは

少し嘘っぽく感じます。

 

いろいろな出来事が起こっても

今を一生懸命生きていれば、

見守っていていてくれる 何か目には見えない大きな存在ってあるのかもしれません。

  

 

現実には

”末永く幸せに暮らしました。めでたしめでたし・・・”というのは

ありえなくて、

物語の終わりは、新たな物語の始まりでもあります。

生きている限り、物語は続きます。