おっと

心が喜ぶ生き方

夫との別れで、死後の魂のことが気になり いろいろな情報を集め、 また自分自身も、夫の死後に少し不思議なことを体験して 永遠の魂の存在を信じるようになりました。 そして 魂が喜ぶ生き方というものがあり、 魂の喜ぶ生き方をしていると、 ずいぶん楽に生…

穏やかな幸せ

最近 生きることの意味をあまり問わなくなりました。 心配性の私が、未来の不安も考えなくなったし、 (過去を乗り越えるにはもう少し時間がかかりそうですが・・・) ”ただ 今に生きる”ことが、こんなにも楽な生き方なんだって感じます。 哀しみや苦しみの…

大切な人がいるということは・・・

独りの暮らしになって、4回目の秋です。 4年前の11月に夫が旅立ちました。 命日は、夫があの世に帰った日 この世を去った日は、あの世の誕生日 命の終わりは、体の痛み・苦しみが終わった日 去年までは、命日が近づくと、身体がその時の感覚を覚えている…

デジタル遺品

manetatsu.com 人がこの世に残していくものは、3つしかないと聞いたことがあります。 白骨と、人に与えた愛情と、後はなんだったっけな? でも、実際は沢山の”もの”たちを遺していくのですね。 ”もの”に気持ちがあれば、主を失くした”もの”たちは何を思うの…

あの世の人とコミュニケーションをとるには?

もう亡くなってしまった大切な人 そばにいて見守ってくれているという話も聞くけど やっぱり、姿は見えないし、声を聞くこともできない 手をつなぐことも出来ない・・・ もう遠い所にいっちゃたのかな? と思うこともあるけど・・・・ 夫が亡くなってから、…

生き残された

動画の中で偉いお坊さんが言っていた言葉が心に残った。 その方は、妻に自死されて 「生き残された」と思ったそうだ。 まさに、若くして配偶者を失くした人の気持ちそのものだと思う 結婚し家庭を持ったが、わずか2カ月で妻が自殺するという無常を味わった…

あなたとの関係性が本当に分かるのは別れの時

これまでの人生で 家族や友人・知人と、離別や死別を幾度となく経験してきた。 祖父母、父、兄と死別した時、それぞれの感情があった。 悲しみの深さも、思いも、立ち直りのスピードも、その人によって違った。 中でも、夫との永遠の別れは、特別なものだと…

道標

夫がこの世にいなくなってから 道に迷い、ネットを彷徨いながら、必死に捜し続けた道標 死別ブログや、心のしくみ、瞑想、仏教、音楽の歌詞の中・・・・ 捜していた道標は、以外にも身近な所にありました。 それは、私の心の中に住んでいる夫の笑顔でした。 …

”死”のその先には何が?

今日は、残り物野菜で、独り鍋・・・ 夫が元気だった日常は、冬になると、よく鍋をした。 立ちのぼる 鍋の湯気の中に、 夫との暖かな思い出が、よみがえる。 マッチ売りの少女の、燃えるマッチの中みたいに はかなげで、すぐ消えそうな想い出だ それから、連…

寒い朝

凛とした寒い朝の空気を楽しむ 寒いということを、この肉体で経験して味わってみる 寒さを楽しむ余裕、こんな経験初めてのこと 以前の私だったら、「寒いの嫌、辛い、布団から出たくない」だったけど・・・ 私の中の何が変わったの? 人は、全ての経験をする…

また会えることを信じて

この曲を最初に聞いた時、 亡き夫の姿が浮かび 涙があふれました。 この曲は、映画「私は貝になりたい」の主題歌で ミスチルの桜井さんのお父様が亡くなられた時に作られた歌だそうです。 一言、一言が、胸に響きますが “永遠のさよなら”をしても あなたの呼…

幸せな哀しみ

人との本当の繋がりが分かるのは、別れの時かもしれない それも、二度と会えない死別の時に どう感じるかで、その人との、繋がりの深さが分かるのかもしれない 私は、今まで、大叔父、祖父母、兄、父と、5人の かつて一緒にくらした事のある家族を亡くして…

想うことは、痛みをともなうこと

絶望的な病名を告げられ、確実に死へと向かうなか 病院のベットに横たわる夫に 「どんな状況になっても、気持ちはずっと一緒だからね」 と 私は、夫に言った。 亡くなった直後は、とても近くに感じた夫の存在 日にちが経つにつれ 夫が遠く離れてしまったよう…

なんで? どうして?

”なんでこうなっちゃったんだろう?” 夫が闘病中に言った言葉だ。 最悪性の脳腫瘍を発症した夫は 9ケ月の闘病期間を経て、あの世へ旅立ったが 一言も、辛いとか怖いとかいう言葉を発しなかった。 緩和ケア病棟に入院していた頃 亡くなる2ケ月前 最期のこと…

体が覚えている記憶

なんだか、ここ最近落ち着かない 心がザワザワする 夫がこの世を去った日が近づいてくる 体は、忘れているつもりでも 心がちゃんとそのことを覚えていて 体の反応として現れるのだろうか? もう 過去のことなのに、 体の細胞が、正確な時期を覚えていて、そ…

この季節

やっぱり、この季節はつらいなぁ~ 青空が澄み渡り 一番、過ごしやすくて、いい季節なのに・・・ 2年前の今頃、 脳腫瘍で闘病中の夫は 意識もなく、眠り続けていた。 そして、確実に死へと向かっていた。 3年前の今頃、 平凡だけど、幸せな毎日 確かな温も…

あなたの喜ぶ顔が見たいから

亡き夫の夢を見た。 私は目が覚めた時、涙を流していた。そしてひどく疲れていた。 しばらくして、夢だったんだと気付いた。 夢というのは、場面も話もいろいろ飛び、 ストーリーとしては、全然つじつまがあわなかったりする。 なので、夢の内容は省くが 夢…

私の人生って・・・

私の人生 こんなもの・・・ 何の希望も 期待も 持てない人生だったけど あなたと出逢えて 初めて希望を持てた もしかしたら、このまま幸せな人生を送れるかもって・・・・ でも、あなたはあっけなくあの世へ逝ってしまった。 私は、あなたを亡くしたのと同時…

”ありがとう”の言葉

朝、洗濯物を干していて、 夫がいた頃は、私が朝起きる時間には 夫が、ちょうど洗濯を終えて、 しわをのばした洗濯物を、かごに入れてくれていたな~ そして、私が洗濯物を干している間に 朝食の準備をして、 私が洗濯物を干し終えて、テーブルに座ると 焼い…

”たら、れば”

”たら、れば”は、よくないと言いますが、 やっぱり 日常の全てに思います。 食事を作る時、 夫がいれば、いっしょに台所にたって人参の皮むいてくれるのにな・・・ 食事を食べる時 夫がいたら、このくらいの量すぐに食べてくれるのにな・・・ 夫がいれば、鍋…

あなたのいないこの世界で

あちらの世界へ旅立ってしまった あなた 私の知らない あちらの世界はどんな所なのかな? あなたのいないこの世界は、あまりにも寂しすぎます。 私のそばにいつもいてくれた あなたの温もりや、優しさ、穏やかさを、なつかしく思い出しても 今は手の届かない…