読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝日を浴びる効果

今の時期 寝室の窓から朝日が昇るのが見えます。 今日は、6時10分頃、 山の稜線から生みたて卵のような、 濃いオレンジ色の丸い光が顔を出す瞬間が見れたら幸せな気分になります。 今日一日のスタートがとても、いい気分です。 天気や、ほんの少しのタイ…

あの世の人とコミュニケーションをとるには?

もう亡くなってしまった大切な人 そばにいて見守ってくれているという話も聞くけど やっぱり、姿は見えないし、声を聞くこともできない 手をつなぐことも出来ない・・・ もう遠い所にいっちゃたのかな? と思うこともあるけど・・・・ 夫が亡くなってから、…

ありがとう瞑想

私には、どうしても解決したい問題があり、 問題解決の方法を捜し求めていたら、いろいろな情報に出会い 結果的に、ずいぶん生きやすくなりました。 ネットからの情報量は、かなり大きなものがあります。 瞑想が心の安定にいいらしいということがわかり 去年…

本やCDを増やさないために

本って 一度読んだだけで、本棚へ移動します。 何度も読み返すことはめったにありません。 買っても、読まなかったりすることもあります。 ついつい気付いたら、本は増える一方です。 引っ越しの時に大量に処分したり BOOK OFFに引き取ってもらったり…

人が持つ9つの性格タイプ(エニアグラム)

人間には9つの性格タイプがあり すべての人はそのうちの一つに当てはまるそうです。 この図は、もともとは宇宙万物の本質を表す象徴であり、(その起源は古代ギリシャ、あるいは古代エジプトまでさかのぼるそう) エニアグラム=個人の特性を明確に示す心の…

自分のことが好きでいられると幸せを感じやすいようです

自分のことが好きですか? ある本を読んでいて、”自己肯定感”という言葉がでてきました。 あまり意識したことがない言葉だったので、ちょっと調べてみました。 ”自己肯定感”という言葉聞いたことがありますか? 自己肯定感とは、 自分で自分の存在を積極的に…

法則

世の中には、いろいろな法則があるようです。 世の中に存在する色々な法則をまとめてみた - World Journal 不安・ネガティブな思いを持つと、体や人生によくない影響を与えることを心配性な昔の私は知りませんでした。 でも今は、それがよくないことだという…

12国記(アニメ)

You Tubeで長編アニメを見つけました。 45話まであります。 最初の2話目くらいは、内容がよく分からなかったのですが、見始めると面白くて、ついつい夢中になって見ました。 以前NHKで放送されていたようです。 (内容) どこにでもいる普通の女子高生…

心の闇(割れ鏡の呪い)

現在 海外ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム4」が放送されている。 (毎週水曜日 23:15分から NHK BSプレミアム) (内容:おとぎ話の登場人物たちが、現代の世界とおとぎの世界を交差しながら、知られざる愛と冒険の物語を繰り広げる大人気ファンタ…

感謝は最強のカード! かも・・・?

ものすごい苦行・荒行をしてきた修行僧の方々の、話を聞いていると 必ずと言っていいほど、”感謝”という言葉を口にする。 厳しい修行の果てに悟ったものは、”感謝”というものなのだろうか? 感謝と検索してみると 「ありがとう」は、宇宙最強の波動だそうで …

自己暗示って効果がある?

自己暗示、自己催眠、自律訓練、瞑想 どれも、少し似ている 簡単に言うと どれも、リラックス状態を作り出して、自分の今をいい状態にしていく ということだろうか? 催眠術と聞くと、少し怪しいとか怖いというイメージがあるが 催眠術で、PTSDのような辛い…

精霊の守り人(アニメ版)

精霊の守り人(アニメ版) 毎週金曜日の深夜1:25~放送中ですが 度々放送時間がずれてしまいます。 録画予約して翌日見るのですが 今週分第7話も、ニュースで10分間ずれ込み、最後10分が切れていました。 楽しみにしていたのに・・・・ 30分番組なので…

生き残された

動画の中で偉いお坊さんが言っていた言葉が心に残った。 その方は、妻に自死されて 「生き残された」と思ったそうだ。 まさに、若くして配偶者を失くした人の気持ちそのものだと思う 結婚し家庭を持ったが、わずか2カ月で妻が自殺するという無常を味わった…

”どうしてこうなっちゃったんだろう?”は、受け入れること

人生には、どうしてこうなっちゃったんだろう? という出来事が起きるものだ。 病気や死も、そのひとつだと思う。 ”どうしてこうなっちゃったんだろう?”は、 きっと 自分の力ではどうしようもないことだと思う。 元気だった夫が、病気になった時も ”どうし…

音で心地よい状態に・・・

日常にはいろいろな音があふれています。 音で、気分や感情が変わることってありませんか? 耳に入る音によって イライラしたり、穏やかになったり、楽しい気分になったり・・・ 好きな音楽は、心と体の痛みに効く 鎮静作用もあるようです。 また、人が肉体…

心の休め方

いつも、こんな気持ちで過ごせたら、幸せです。 でも、時には こんな日もあります。 私は、ものごとを引きずるタイプでした。 嫌な出来事を、何度も何度も 繰り返し 思い出しては、暗い気分になるのです。 なかなか気持ちの切り替えが出来なかったのです。 …

”私は幸せ” という自己暗示

今日1日が いろいろあっても 眠りにつくときは、幸せな気分で眠りにつくといい と聞いた。 ”私は幸せ” ”私は幸せ” と繰り返していると 本当に幸せに感じてくる。 痛みがないこと、歩けること、生活に困らないこと・・・ 子どもの頃、翌日早起きしないといけ…

感情の意識レベル

悲しい、嬉しい、怒り・・・ 人はいろいろな感情を心に感じます。 ふとしたきっかけで、心が沈むとき それは、体調の悪さかもしれないし、誰かが言った一言かもしれない ”気が重い”という言葉があります。 心が沈み、重い感じがする感覚は、体にとってあまり…

シンギングボールの音色

最近シンギングボールの音色を聴いています。その音を聴いていると、とても、リラックスした心地よさを感じます。脈拍がすごくゆっくりになります。 その音を単純に追いかけていると、いつの間にか、頭の中が空っぽになって、何も考えていない状態になるよう…

心をサッと切り替える方法

”今泣いたカラスがもう笑ろうた” この言葉は、幼かった頃、よく祖母から言われていました。 小さな子供って、感情の切り替えが早いようですね。 悲しみ苦しみを引きずらないで、一瞬で笑い顔になればいいですね。 中村天風の教えの中に 安定打座という方法が…

あなたとの関係性が本当に分かるのは別れの時

これまでの人生で 家族や友人・知人と、離別や死別を幾度となく経験してきた。 祖父母、父、兄と死別した時、それぞれの感情があった。 悲しみの深さも、思いも、立ち直りのスピードも、その人によって違った。 中でも、夫との永遠の別れは、特別なものだと…

心を強く持つことの大切さ

辛いことや、悲しいこと、うまくいかないことがあったとき、 どうしても、弱気になってしまいます。 弱気⇒気力がなくなる⇒生きるのが辛くなる そんなときは ダメな自分を責めないことです。 自分を責めると、坂道を転がるように どんどん悪いほうに行ってし…

ティーバックのお茶

一人暮らしになってから、急須を使わなくなりました。 洗ったり、茶葉の後片付け、乾かす手間を考えると 一人分だと、ティーパックのお茶が便利です。 緑茶やほうじ茶、穀物茶など、いろいろな種類があります。 飲み終わったら、軽く絞って、流しの上のひも…

歯磨きのコップ

歯磨きのコップって、どうしても汚れてしまいます。 歯磨き粉で白っぽくなったり 底にカビがはえたり・・・ 洗っても、なかなか綺麗に落ちません・・・ そこで・・・ プラスチックのコップは便利です。 プラスチックのコップは、コンビニでも5個入りで10…

自分と自分の心との関係性

いくら忘れようと努力しても努力しても、 消えない過去のこころの傷 恐怖 不安 痛み・・・ 早く手放したいのに、うまくはいかないこころ どんな方法でも、不安や恐怖を削除することが不可能ならば 安心感や、穏やかさを感じる時間を増やして 恐怖や不安を上…

いつまでも解決しない問題

こころが暴走してしまいそうなほど、どうしようもない今日この頃 落ち着かないこころ、 居ても立っても居られないような焦り感・・・ 自分のこころであっても、自分でコントロールがきかない不思議さ 問題を取り除くという発想を止めて、問題との付き合い方…

感謝が幸せに変わるとき

夜眠る時に幸せだなぁ~と感じながら眠る 痛みがないこと 1日無事に過ごせた事 を想うと、なんだかとても幸せな気持ちになる どん底だった日々を思うと、今は、なんて幸せなんだろうって・・・ そんな気持ちで眠りについ翌朝は やっぱり、幸せな気持ちで目…

瞑想中の心地よい安らぎ

瞑想をしていると、幸せで 安らかで 穏やかな気持ちになる時がある。 人は、幸福を感じた時にいろいろな脳内物質が出ているそうだが 瞑想でも、似たような脳内ホルモンが出ているのかもしれない ふと、感じたのは 眠る前のひととき、夫にしてもらっていた”腕…

道標

夫がこの世にいなくなってから 道に迷い、ネットを彷徨いながら、必死に捜し続けた道標 死別ブログや、心のしくみ、瞑想、仏教、音楽の歌詞の中・・・・ 捜していた道標は、以外にも身近な所にありました。 それは、私の心の中に住んでいる夫の笑顔でした。 …

受け入れること そして  手放すこと

人生には 「何でこうなっちゃったんだろう?」って 思うような出来事が起きる。 夫が病気になった時、夫もこの言葉を病院のベットの上で言った。 その他にも、”なんで?”と言いたくなるようなことばかりが 私の人生に起きる。 自分を責めてみても 他の誰かを…

”死”のその先には何が?

今日は、残り物野菜で、独り鍋・・・ 夫が元気だった日常は、冬になると、よく鍋をした。 立ちのぼる 鍋の湯気の中に、 夫との暖かな思い出が、よみがえる。 マッチ売りの少女の、燃えるマッチの中みたいに はかなげで、すぐ消えそうな想い出だ それから、連…

リズム(波長)

人やものには、それぞれが持つリズムとか波長というものがあるようだ 一番安心するのは、地球や宇宙のリズム 自然界の波の音、風の音、せせらぎの音、 ゆっくりと、でも確実な安心感 ここの所、来客が多くてちょっとバタバタした 人も、ひとりひとりが違った…

瞑想と心の関係

ある時期、”いつかは死ねる”ということを救いに生きていたことがある。 苦しい現実も、体と心の痛みも、孤独も 全て、死んで肉体が無くなれば、楽になれると そう思いながら生きていた日々もあった。 最近、少し考え方が変わって 人は、肉体を持たない所から…

寒い朝

凛とした寒い朝の空気を楽しむ 寒いということを、この肉体で経験して味わってみる 寒さを楽しむ余裕、こんな経験初めてのこと 以前の私だったら、「寒いの嫌、辛い、布団から出たくない」だったけど・・・ 私の中の何が変わったの? 人は、全ての経験をする…

また会えることを信じて

この曲を最初に聞いた時、 亡き夫の姿が浮かび 涙があふれました。 この曲は、映画「私は貝になりたい」の主題歌で ミスチルの桜井さんのお父様が亡くなられた時に作られた歌だそうです。 一言、一言が、胸に響きますが “永遠のさよなら”をしても あなたの呼…

先の見えないせかい

最近、若い女性の自殺未遂が増えているという。 OD(オーバードース=薬の大量服用)が多いそうだ。 背景には、貧困や、DVなどがあり、”助けて”と声をあげられないのだそうだ。 私は、多くの病があるので、 健康でいさえすれば、幸せですごく可能性が広…

幸せな哀しみ

人との本当の繋がりが分かるのは、別れの時かもしれない それも、二度と会えない死別の時に どう感じるかで、その人との、繋がりの深さが分かるのかもしれない 私は、今まで、大叔父、祖父母、兄、父と、5人の かつて一緒にくらした事のある家族を亡くして…

ブログ・瞑想・読経

夫がいなくなってから始めたこと ★ブログ ★瞑想 ★読経(般若心経を読む) 夫なき後 私は、これらのものにずいぶん助けられて、生きてこられた。 ブログ 複数の持病がある私は、仕事は無理で自宅で体調を維持するのがやっとの生活だ。 ブログを始める前は、毎…

瞑想を始めて3ケ月

”藁にもすがる思いで” という気持ちから、瞑想を始めた。 (○○恐怖症があり、恐怖心と不安感が強くてとても心地悪かった) 最初は、やり方もよく分からなかったが、一般的には呼吸に集中するといいようだ。 「息を吸って(お腹が膨らみ)」 「息を吐いて(お…

想うことは、痛みをともなうこと

絶望的な病名を告げられ、確実に死へと向かうなか 病院のベットに横たわる夫に 「どんな状況になっても、気持ちはずっと一緒だからね」 と 私は、夫に言った。 亡くなった直後は、とても近くに感じた夫の存在 日にちが経つにつれ 夫が遠く離れてしまったよう…

内側のせかい 外側のせかい

8月の末頃、窓を開け放して、瞑想をしていた時 虫の声が心地いいなと思っていると その虫の声がだんだん大きく聞こえて まるで、自分の体の内側から聞こえてくるように感じた 外のせかいと、自分の内側のせかいが完全に繋がっているかのように感じた 不思議…

空を見上げる

人はどうして空を見上げるのだろう? 空を見上げると、気持ちがフワッとなって、気持ちがいい 嫌な出来事も、つらい事も、1瞬忘れられそうになる 空は魂のふるさとで、もといた場所だと どこかで、知っているからだろうか? 夫も、病院のベットの上で 毎日…

心は意識の中にある

心は 意識 意識がない状態の時や眠っている時、心を見つけることはできない 心は 流動的で 重くもなり、軽くもなり 冷たくもなり、熱くもなり 静止する時もあり、走り出す時もある 喜びや不安を作りだし 心 コロコロとよく変わる いろんな表情を持つ心 心は…

なんで? どうして?

”なんでこうなっちゃったんだろう?” 夫が闘病中に言った言葉だ。 最悪性の脳腫瘍を発症した夫は 9ケ月の闘病期間を経て、あの世へ旅立ったが 一言も、辛いとか怖いとかいう言葉を発しなかった。 緩和ケア病棟に入院していた頃 亡くなる2ケ月前 最期のこと…

体が覚えている記憶

なんだか、ここ最近落ち着かない 心がザワザワする 夫がこの世を去った日が近づいてくる 体は、忘れているつもりでも 心がちゃんとそのことを覚えていて 体の反応として現れるのだろうか? もう 過去のことなのに、 体の細胞が、正確な時期を覚えていて、そ…

心の不思議

心が ”ギューッ”と縮こまる 理由の分からない モヤモヤが、なんとも心地悪い 心は、縁にふれて、一瞬また一瞬と その姿形を変えて行く どこまでも、のびのびと 自由に大きく広がる時もあれば 小さく、小さく、縮んでいく時もある とっても軽く、羽が生えたよ…

私にしかできないこの世での体験

私は、自分自身で 望んで 望んで 切望して この世に生まれてきたんだなぁと 青い空を見ていて、そう感じた。 繋がりの薄い家族も 病気ばかりの人生も 数十回と切り刻まれる 身体の痛みも 理由の分からない生きづらさと、心の痛みも やっと掴んだと思った あ…

この季節

やっぱり、この季節はつらいなぁ~ 青空が澄み渡り 一番、過ごしやすくて、いい季節なのに・・・ 2年前の今頃、 脳腫瘍で闘病中の夫は 意識もなく、眠り続けていた。 そして、確実に死へと向かっていた。 3年前の今頃、 平凡だけど、幸せな毎日 確かな温も…

心の重さ、軽さ

人は、心と 体と 魂 から成り立っていると聞く。 ある研究によると、魂の重量は 21gだそうだ。 人が死んで、体から魂が抜けると、体重が21g減るそうだ。 目には見えないけど、心にも重量があるような気がする。 心は、その日の出来事や、天気、いろい…

「上善は水のごとし」

「上善は水のごとし」 ↑ コレ お酒の名前かと思っていました。私も飲んだことがありますが、 すごくサラッとしていて、癖がなく 水のように飲みやすいお酒でした。 これ、実は老子の思想だったのですね。 老子という名前は聞いたことはあるけど、何だか難し…