ブログ・瞑想・読経

f:id:kkind:20151016125233j:plain

夫がいなくなってから始めたこと

★ブログ

★瞑想

★読経(般若心経を読む)

 

夫なき後

私は、これらのものにずいぶん助けられて、生きてこられた。

 

ブログ

複数の持病がある私は、仕事は無理で自宅で体調を維持するのがやっとの生活だ。

ブログを始める前は、毎日が絶望で、何もする気になれなかった。

まず、朝起きると、いつも隣に寝ていた夫がいない現実を突き付けられる。

その現実を確認するだけで、無気力になる。

ベットから出るのも、食事を用意するのも、食べるのも、

全てが、面倒で、どうでもいいことのように思えて

独りで、生きて行くこと自体がとても辛くてきついと感じていた。

 

夫が亡くなり、

私の中の、悲しみと不安感と恐怖がだんだんと大きくなっていった。

すべてのマイナスな感情に支配されてしまっていた。

 

そんな中、まずブログを始めて、

・記事を書いているうちに、マイナスなことを考える時間が少なくなった。

・コメントのやり取りで勇気づけられることもあった。

・少し、生活に張りがでて、楽しく感じることもあった。

 

 

瞑想

朝起きてすぐと寝る前に30分から1時間くらいの瞑想

ブログを書いている人の中には、瞑想をしている人も多くて

瞑想というものに、興味を持った。

瞑想の情報を集めるうちに、何か変われるかもしれない、少しでも生きやすくなれればと思い、瞑想を始めてみた。

始めてみて、私の中の何かが確実に変わった気がする。

生きやすくなったのを感じるし、

何とも居心地が悪い どよ~んとした暗闇から抜け出せたような気がする。

 

読経

次に読経。朝と夜、1日2回の読経を続けている

簡単な般若心経の意味は

「苦しみ」というのは、災難や、悲劇や、トラブルが起きるということではなくて

”思い通りにならない”ということで

”苦しみを受け入れると楽になるよ”というようなことらしい。

迷った時は、読経の後、般若心経の現代語訳も合わせて読むとなるほどと改めて感じる。

ネットで読みやすい般若心経を印刷して、それを読んでいる

合わせて、いくつかの現代語訳も一緒にファイリングしていつも、読めるようにしている。

 

以上が夫がいなくなってから、始めた習慣である。