読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

受け入れること そして  手放すこと

f:id:kkind:20151203194055j:plain

人生には

「何でこうなっちゃったんだろう?」って

思うような出来事が起きる。

夫が病気になった時、夫もこの言葉を病院のベットの上で言った。

その他にも、”なんで?”と言いたくなるようなことばかりが

私の人生に起きる。

 

自分を責めてみても

他の誰かを責めてみても

目には見えない存在を責めてみても

ますます、自分の心が苦しくなるだけだ

やってくるものは、やってくる。

 

それならば、いっそのこと全てを丸ごと受け入れることができれば楽なのに・・・

 

”全てを受け入れること”は、”執着している心を手放すこと” と同じことなのかな?

不幸な出来事は嫌だ、病気ばかりの人生は嫌だ、という執着

 

私の人生を拒否しないで、

どんな出来事も、全てを受け入れることが、出来れば、

もっと、楽に生きることが出来そうな気がする。

 

全てを受け入れ、そして静かに手放す

流れに逆らわずに、生きてみる

 

夜と霧”のフランクルのように

どんなことがあっても、

私の人生に、YESということが出来るのだろうか?