読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝が幸せに変わるとき

夜眠る時に幸せだなぁ~と感じながら眠る

痛みがないこと

1日無事に過ごせた事

を想うと、なんだかとても幸せな気持ちになる

 

どん底だった日々を思うと、今は、なんて幸せなんだろうって・・・

 

そんな気持ちで眠りについ翌朝は

やっぱり、幸せな気持ちで目覚める

まだ生きていること

身体が痛くないこと、心が軽やかなこと・・・

 

闇中にいた頃は、

朝、また目が覚めたことにさえ、絶望を感じていた

となりにいるはずの夫がいない現実に絶望した

体調は最悪で、関節の痛みやだるさで

身体も心も鉛のように重かった時が嘘のよう・・・

 

今という現実に、感謝することに気づいてから

光を感じるようになった。