あなたとの関係性が本当に分かるのは別れの時

f:id:kkind:20160509091502j:plain

これまでの人生で

家族や友人・知人と、離別や死別を幾度となく経験してきた。

祖父母、父、兄と死別した時、それぞれの感情があった。

悲しみの深さも、思いも、立ち直りのスピードも、その人によって違った。

 

中でも、夫との永遠の別れは、特別なものだと感じる。

これまで、経験したことのない 大きな哀しみと苦しさ・・・・

 

哀しみの深さ=愛情の深さかもしれない

f:id:kkind:20160509091522j:plain

私たちは、手をつなぎながら、心までつないでいたのかもしれない

 

最近、思うのは

これ程までに、哀しむことが出来る相手と巡りあえて、

たくさんの幸せな時間と思い出を持つことができて

もしかしたら、私の人生は幸せだったのかもしれない。

 

夫と出会わなかったら、愛も知らずに、人生を終えていたかもしれない。

 

「生きることは愛すること」(瀬戸内寂聴

 

深く愛することのできる者のみが、 また大きな苦痛をも味わうことができるのだ。(トルストイ

 

kaumo.jp