読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精霊の守り人(アニメ版)

f:id:kkind:20160618205256j:plain

精霊の守り人(アニメ版)

毎週金曜日の深夜1:25~放送中ですが

度々放送時間がずれてしまいます。

録画予約して翌日見るのですが

今週分第7話も、ニュースで10分間ずれ込み、最後10分が切れていました。

楽しみにしていたのに・・・・

30分番組なのでなかなか話が進まないし・・・

 

そこで、無料動画を捜しました。

無料動画は、いつ削除されるか分からないので、

いっきに、26話まで見ました。

見ている時間は、すべてを忘れて没頭してしまいました。

久しぶりに味わった感覚です。

すべてを忘れて、集中没頭する感覚は、瞑想と同じ効果があり

心にとって、とてもいいことのようです。

大人になると、夢中になれることが少なくなってくるようです。

 

ドラマ版よりだんぜん内容があり、面白かったです。

何語か分からないけど、下に字幕入りでした。

 

■あらすじ

短槍使いの女用心棒・バルサは、久しぶりに訪れた新ヨゴ皇国の街で、突然暴走した牛車から、川に振り落とされた皇子を助ける。バルサが助けた少年は、新ヨゴ皇国の第二皇子チャグム。彼は100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられ、<精霊の守り人>としての運命を背負わされた者だった。そんなチャグムを疎ましく思う父帝が、彼を亡き者にしようと追っ手を差し向けていると感じた母妃は、バルサの腕を見込んで、チャグムの用心棒を引き受けてくれと頼む。

 帝を敵に回すという、命の保証が無い仕事をなぜか引き受けたバルサは、宮に火を放つように指示して、燃え盛る炎を背に、チャグムをつれて宮を脱出するのだった。二人に執拗に迫る追っ手からの逃避行…しかし、この世と平行して存在する<ナユグ>の魔物もまたチャグムの身体にある卵を食らおうと狙っていた。水の精霊とは? さまざまな謎がバルサとチャグムの前に立ちはだかる。 

 

www.youtube.com

 

原作者の上橋 菜穂子さんの作品には、他にも、守り人シリーズがあり、ほかの作品も、面白そうで、興味を持ちました。

上橋 菜穂子は、東京都生まれの児童文学作家、ファンタジー作家、SF作家、文化人類学者。日本児童文学者協会会員。父は洋画家の上橋薫。 香蘭女学校中学校・高等学校を経て、立教大学文学部史学科卒業、1993年同大学院博士課程単位取得退学。 ウィキペディア
 
生年月日1962年7月15日 (53歳)
闇の守り人 (1999年)
闇の守り人
1999年
バルサの食卓 (2009年)
バルサの食卓
2009年
獣の奏者 外伝 刹那 (2013年)
獣の奏者 外伝 刹那
2013年
蒼路の旅人 (2005年)
蒼路の旅人
2005年