読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12国記(アニメ)

f:id:kkind:20160707101208j:plain

You Tubeで長編アニメを見つけました。

45話まであります。

最初の2話目くらいは、内容がよく分からなかったのですが、見始めると面白くて、ついつい夢中になって見ました。

 

以前NHKで放送されていたようです。

(内容)

どこにでもいる普通の女子高生 中嶋陽子の前に突然「ケイキ」と名のる金髪の青年が現れる。

ケイキは陽子を、「主」と呼び、どこかに連れて行こうとする。抵抗することもできず、海にできた巨大な光の渦をくぐりぬけ、陽子が辿りついたのは見たこともない世界。

しかし、異世界に着くなりケイキとはぐれてしまう。
この世界がどこなのか、なぜ自分がここに連れてこられたのか、どうして妖魔と呼ばれる奇怪な獣に襲われなければならないのか。様々な疑問を抱きながら、生き延びるために見知らぬ世界での陽子の辛く孤独な旅がはじまる。
そしていつしか王位をめぐる戦いの中に巻き込まれて・・・。
陽子は、異世界での妖魔や他人の悪意との戦いに苦しみながら、一方で人の本当の優しさ、気高さを知り成長していく。

NHKアニメワールド:十二国記:あらすじ

 何話かのシリーズに別れているようです。

 

この世とは別の世界の話で、その世界は12の国から成り立っています。

麒麟(きりん)という、角の生えた空を飛ぶ馬のような生き物がいて、普段は人の姿をしています。その麒麟がその国の王を選ぶことによって、その国の王が誕生します。麒麟はとても慈悲深い生き物で、血の匂いを嗅いだだけで、気分が悪くなります。

 

この物語の中で、心に残った言葉が

30何話?くらいだったかな?

すずという女性が、

船旅で知り合った目が見えなくなってしまった男の子を助けようとしている時

その子が、馬車にひかれて死んでしまうというエピソードで

 

人が涙を流すのは、2通りあって

一つは、自分が可哀想で、自分が悲しくて流す涙

もう一つは、心の奥底から、どうしようもなく湧き出てくる涙

というシーンがありました。

なるほど~と思いました。

 

やがて すずは、自分だけが一番不幸だと思い続けて生きてきたが

周りには、もっともっと不幸でも、明るく生きている人がいるということに

気付くようになります。

 

45話と長いですけど、なかなか面白かったです。

www.youtube.com

 

著作権の問題はどうなのかな?と思いますけど、いずれ削除されるかもしれません。