本やCDを増やさないために

f:id:kkind:20160717132655j:plain

本って

一度読んだだけで、本棚へ移動します。

何度も読み返すことはめったにありません。

買っても、読まなかったりすることもあります。

ついつい気付いたら、本は増える一方です。

 

引っ越しの時に大量に処分したり

BOOK OFFに引き取ってもらったり、

本の処分って結構大変です。

何よりも場所をとります。

 

もう本を買うのはやめようと思っても、

気になる本があったらついつい読みたくなってしまいます。 

 

最近は、目も疲れやすいし、オーディオブックをよくダウンロードして

購入しています。

 

アイチューンで、音楽やオーディオブックをダウンロードする時は
最初に、アップルのIDを取得して、クレジットカード情報を登録しておくと、簡単にダウンロードできます。
他にも、コンビニなどで売っているアイチューンカードを使って、購入することができるようです。 

 

 

◆オーディオブックのメリット

・買いたい時に、自宅に居ながらにして、すぐ購入して聞くことができます。

・収納場所をとりません。

・読書と違って、何かをしながら聞けます。

・目が疲れなくて楽です。

・時間を有効に使えます。

・英会話関連のオーディオブックは充実しています。

・耳から入ってくるので、飽きず同じものを何回も聞くことが出来るので自分の身になるように思います。

 

◆オーディオブックのデメリット

 種類が少ないので、聴きたい本がないことがままあります。

 

 

2年ほど前に購入した " i pod nano"

 当時の価格で、14,000円くらいでした。

f:id:kkind:20160717132804j:plain

こんなに薄くて小さいのに容量が16GBとたくさんのデータが入ります。

現在、約800曲と

オーディオブック 12冊ほどが入っていて、

空き容量が3分の2くらいは余っています。(約10GB余っています)

 

小さいので持ち運びが楽

バッテリーが長持ち(1回の充電でかるく10時間以上は持ちます)

 

ラジオも聞けるし、時計もついています。

他にも、ストップウォッチ

写真の保存

動画の保存

ボイスメモ

などができるようです。(私は主に音楽とオーディオブックだけの利用ですが)

 

外では、イヤホンで

家では、スピーカーにつないで聞いています。

 

いつも持ち歩いている i podでラジオが聴けるのは、災害時には便利だなと、

4月に発生した熊本地震の騒ぎの時に感じました。