この世に生きている自分というものを感じる時って?

f:id:kkind:20160518100739j:plain

人は、生きていることなんて、普段は意識しないものだと思うのですが、

例えば、命に関わるような不治の病にかかり、

余命宣告された時に

はじめて、自分の命というものを考えるかもしれません。

 

私は

大切な人の死に直面して初めて

自分が生きているということを実感したような気がします。

 

夫は死に

私は生きている。

 

悲しみの日々を 味わい

そして 生きる意味を問いつづけた後に

気付いたことは

”毎日を丁寧に生きることが大事”なんだということでした。

結局 人生は、”今”しかなくて

”いつか”は、やって来ないかもしれないってことに気づきました。

  

例えば何かを食べるとき、美味しい幸せと感じるのは ”今”で

死んでしまった夫は、この美味しさを感じられない

 

黄金色に輝く朝日を見た時に、

雨上がりの 澄み切った空気の透明感を感じた時に

街路樹のいきいきとした 葉っぱの緑色を見た時に

あ~ 私はまだ、生きているんだなと感じます。

 

生きているという感覚は、

肉体が持っている

五感(視・聴・嗅(きゅう)・味・触の五つの感覚)で何かを感じる感覚かもしれません。

綺麗なものを視て

安らぎを感じる音を聴き

いい香りを嗅ぎ

美味しものを味わい

優しい手触りの感覚

そして、心地よいと思うもの、感覚に囲まれながら

暮らしていけたら素敵だろうな~と思います。

 

肉体を失ってしまった夫の死が、

肉体を持って 私がまだこの世に生きていることを教えてくれます。

それまでは、生きていること自体あまり意識していなかったのに。

それどころか、少し苦しいことがあると

早く死んでしまいたいと願うことさえありました。

 

夫の死がいろいろな学びを私に教えてくれたように思います。

夫は

肉体を持って、五感での喜びを感じることは出来なくなったけど

その代わりに、もう肉体の痛み苦しみはなくなった。

肉体をもって生きるということは

喜びも感じるのと同時に

痛み苦しみもあるということなんだと思います。

 

今日1日を何とか生き抜く

その繰り返しが ”生きるということ”かもしれません。

 

さらに

生きるということは、

”何かに気付く”ということなのかもしれません。

そして

気付きというのは、悲しい出来事や苦しい思いの後にやってくるものかもしれません。