身体に ”ごめんなさい”(顎関節症)

f:id:kkind:20161019113854j:plain

今朝起きると、顎が少し痛くて、顎に違和感があります。

顎関節症を発症したのは、10年ほど前になります。

開腹手術を受けた数日後のことでした。

顎関節症は、ストレスでも発症するそうです。

固いものを食べると、ときどき顎に痛みがでることがあります。

 

思い当たるのは、あたりめを少し食べたのと

氷をかんでしまったこと・・・・

気を付けてはいるつもりですが、またやっちゃいました。

顎さんに、”ごめんなさ~い、許してください”と思わずあやまっちゃいました。

あれ、これって?

ホ・オポノポノ?

”ホ・オポノポノ”は、以前読んだことがあります。

改めて、検索してみると、

.ホ・オポノポノ最大の効果は「手放す」ことという言葉が目にとまりました。

michirich.com

般若心経も、執着を手放すと、心が楽になるよ~ということらしく

(他にも深い意味はあるかと思いますが・・・)

みんな 違う表現で同じことを教えているのかな?という気がします。

 

 

今は、身体にひたすら謝り続けるしかありません。

口も開きにくいので、朝は梅茶のおかゆにしました。

しばらくは、軟らかいもの、胃に優しい食べ物が続きそうです。

顎さんと胃さんの休暇になってちょうどよかったのかもしれません。

たまに、身体の不調が出ることで

何も言わずに働いてくれている身体の有難さがわかるような気がします。

 

あまりに頑丈な身体の持ち主だと、

気付かないうちに、身体についつい無理させている事ってあるのかもしれないですね。

welq.jp