空色の風

空を見上げて、風を感じてみると元気になれる気がします

大切な人がいるということは・・・

f:id:kkind:20151016101039j:plain

独りの暮らしになって、4回目の秋です。

4年前の11月に夫が旅立ちました。

 命日は、夫があの世に帰った日

 この世を去った日は、あの世の誕生日

 命の終わりは、体の痛み・苦しみが終わった日

 

去年までは、命日が近づくと、身体がその時の感覚を覚えているのか 

気分が落ち込み 体調もなんとなくすぐれませんでした。

でも、今年は大丈夫なようです。

落ち込みもなく、ふつうに生活できています。

有難いことに、心がレベルアップしたのかもしれません。

 

大切な人がいるということは、

その人を失うリスクも同時にあるということ

自分の命よりも大切に思っている人が、病気になったり、事故にあったり、死んでしまったらどうしようという恐怖・・・

朝出かけて、無事に家に帰ってくるまでの心配・・・

今は、その心配をする必要がなくなりました。

 

また 逆に

自分が誰かの大切な存在である時

自分がこの世からいなくなったら、残された人の悲しみは

大切であればあるだけ悲しみも深いものになるでしょう。

若い世代の自殺にいたっては、親の悲しみは計り知れないだろうと思います。

 

先日Eテレで、“死”をどう考える?という内容の番組が放送されていました。

これまで、たくさんの人の死を看取ってこられた 

鈴木秀子さん(シスターで臨死体験者でもある)のお話がありましたが、

そのなかで、印象に残ったのが

―――――――――――――――――――――――――

(問)自分の大切な人を残して逝かなければならない気がかり、

   自分がいなくなったら残された家族はどうなるんだろう?

   という気持ちを抱えながら死んでいかなければならない気持ちは?

   という質問に対して

 

(答)は、それぞれ神様から生きる力をもらっている。

   そして、その人が死んでもちゃんとやっていく。

―――――――――――――――――――――――――――――

という言葉が印象に残りました。

 

私は普段から、夫がいなくなったら、私も生きていけないと言っていました。

それほど、夫に頼り切って生きてきました。

でも、独りになってもちゃんと生きています。

本当に、人はそれなりに環境に順応して生きていけるものなのかもしれませんね。

 

ブログを書いていると、その時々の自分の気持ちが記録されていて

ブログは、自分の心の成長の記録でもあるように思います。

 

今日読んだ ”続 いのちの波動”というブログの一部に

霊界にいる故人は、

・こちらが喜びや幸せを感じている時にはそれを共有してくれる。

・彼らが望むことは残された家族が

「元気に毎日を過ごす事、そして自分の人生を全うして欲しい」その一点に尽きるようである。

(中略)

地上時間で3年も経てば旅立った人はかなり進歩していて、それは地上の人間の成長よりも早いスピードで進んで行くようだ。

 (中略)

異常なまでに死を恐れ、悲しむ。本当は逆であったことが分かるのは大半の人にとって死後になるのだろう。

 

 私が、毎日をきちんと丁寧に生きることが

夫への供養になり、夫が安心してくれることになるのかなと思います。

私が幸せを感じてそれが夫にも伝わり、夫も幸せな気持ちになるのならば、

いつも幸せな気持ちで生きていこうと思います。

 

 

 

 

 

◆プライバシーポリシー
本ブログでは
・Google Analytics
・Google Search Console
・Amazonアソシエイト
・楽天アフィリエイト
・もしもアフェリエイト
・A8.net
・afb     を導入しております。

Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」はトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
また、当ブログは、Amazon.co.jp、affiliate.rakuten.co.jp、a8.net、af.moshimo.com、afi-b.comなどを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムであるアフェリエイト・プログラムの参加者です。

 

◆免責事項
当ブログの記事内情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めております。しかしながら誤情報、または情報が古くなっている場合もございます。
当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
また当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いませんのでご了承下さい。

 

◆著作権
当ブログ記事からの引用に関しては、引用元の明示によって、無償で引用いただけます。
ただし、当ブログ上のすべての文章と画像などの無断転載は禁止いたします。