読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分で自分のことを悪く言わないでネ

f:id:kkind:20160523095437j:plain

知人と話をしていて、

僕はダメなとこばっかりでと

自分の欠点をならべあげていきます。

 

日々の仕事に追われ、人間関係もたいへんで、体調もいまひとつで

そして 何かに落ち込んで自信をなくしてしまったらしい様子です。

それを聞いて私は

そんなことないよ。〇〇さんは、明るいし、よく気が付くし、細かい気配りができるし・・

と思いつく限りのいいところを伝えてみました。

 

誰しも、自信をなくしたとき

自分の欠点ばかりに目がいき、自信を無くしてしまうことってあると思います。

 

かつての私もそうでした。

夫といっしょに暮らしていた頃

とっても、自分に自信をなくして、

「私って、ダメな人間よね~」と夫に話した時

夫は、そんなことないよといいながら

私のいい所を数え上げてくれました。

その時、私はたまたまペンとメモ紙を持っていたので

夫の発言のまま 夫の目から見た私のいいところをメモしました。

私のいいところを、10個夫は見つけてくれました。

今でも、自信をなくしたり、落ち込んだりしたとき

夫が見つけてくれた私のいい所のメモ書きが私を助けてくれます。

そのメモ書きは、毎日開くノートの裏表紙に貼っていて

毎日目にします。

夫は、私自身が思ってもいなかったことを、いい所としてあげてくれました。

自分で自分を見る目と

他人から自分を見た目では違うこともあるようです。

 

ある時から、日々に感謝することと同時に

・不平不満を言わない

・人の悪口を言わない

・未来の不安や心配をしない

・過去を悔やまない

ことを、意識しながら生きると

他の人の口から出る言葉が、いかにマイナスなことを言っているのかに気付きます。

少し前までは、自分も当たり前のようにマイナスのことばかりを心で思い、

否定的な言葉ばかりを使っていました。

 

人は、少し意識が変わるだけで、

言葉使いや考え方、行動も変わるものかもしれません。

まずは、自分のことを否定しないことは、大切なことだと思います。

日々 身体だって、心だって一生懸命頑張ってくれているんだから・・・