生きていくのに大切なことは、すごくシンプルなのかも・・・

f:id:kkind:20151016101039j:plain

何だか最近 体調が今一つで、なんか調子が悪いな~と感じていたら

心の調子までだんだんと、低調になって

哀しみとか、不安とかの感情が強く湧いてきました。

 

物事がうまく回っていかない 空回り感とか

やる気不在感がありました。

 

暗闇から抜け出る 最初のきっかけになったのが瞑想でしたが 

初心に戻って、瞑想をきちんとやってみる

ということを試したら、少し状態が戻りました。

無音の中に、身を置いて

自分の中の穏やかさと繋がると、心が落ち着いてくるのを感じました。

いろいろな瞑想を試すうちに

音を聴いているだけで、瞑想をしていた気分になっていたのかもしれません。

(もちろん、何も心のケアをしないよりはましですが・・・)

自分の心と向き合い、

自分が何を感じているのかを知ることが大切なんだと思いました。

自分でもわからない”モヤモヤ感”の正体は何なのか?

f:id:kkind:20170120112533j:plain

自分の中の不安や哀しみを受け入れて、

なだめたり、一体化したり、受け入れたりしながら

心の 静かな深い場所にたどり着くことができた時

すごく落ち着くことが出来ます。

 

 

人が生きていくのに大切なことは、すごくシンプルで

①きちんと空気が吸えること(呼吸)

②身体の栄養(飲んだり食べることができること)

③心の栄養(生きる気力を保てること)

         これ以上に大切なことはないように思います。

 

そのためには、身体と心のメンテナンスは、とても大事だと思います。

 

緊張や不安が強いと、浅い呼吸になり、リラックスすると深い呼吸になるといいます。

できるだけゆっくりと呼吸することを意識したいと思います。 

 

身体にいいものを、丁寧に作って、感謝していただくこと

身体は、食べたもので出来ているといいますが

心も、見たものや聞いたもので作られていくのかもしれません

意識的でも、無意識でも、

目に入ったり、耳に聞こえたものは

心が何かを感じ取り、それにより心は何らかの影響を受けているのでしょう。

 

特に、眠る前の心の状態には、気を付けなけないと

ネガティブな思いを持ちながら、

眠りにつくと、朝の気分があまりすぐれません。

寝るときに、心配事が心をよぎったら

意識的に、”これは明日考えよう”と棚上げしたほうがよさそうです。

テレビから流れるニュース番組でも、悲惨な事件内容だと

眠りにつく前の心は、影響を受けるようです。

はやり、人の心はどこか深い所では繋がっていて

他人に起こった悲しい出来事でも、自分の心もダメージを受けるのかもしれません。

 

どんよりとした気持ちで生きていかなければいけないことは

辛いことです。

体調が悪くても

心の調子がよければ、生きていけます。

体調が良くても

心の調子が悪ければ、前に進めません。

 

心のケア 大切にしたいですね。