読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の状態を数値化する

f:id:kkind:20151031131408j:plain

昨年 タブレット(i pad mini4)を手に入れてから、

いろいろなことが出来るようになりました。

(私はスマホは使ったことがありません)

自宅にいることが多いので、ネット検索などは殆どパソコンを使っていましたが

アプリの使用とか、タブレットでしか出来ないこともあります。

またソファーなどでくつろいでいるときや、電子書籍を読むときなどは、タブレットを使うほうが便利です。

 

タブレットのカメラに指をかざすだけで、自立神経の状態を測定して

ストレスチェックができたり

血圧が測れたり、視力検査や聴力検査など簡単な健康診断が出来てしまうような

便利なアプリもあります。

 

無料ストレスチェックアプリ『COCOLOLO(ココロ炉)』

を使ってみました。以前テレビで取り上げられていたのを見たことがあります

スマホカメラに指を当て30秒で、心拍のゆらぎからストレスチェックできるというものです。(私の持っているi pad mini4には、フラッシュが付いていないので、たまにエラー表示がでます。また、暗いところでは測定できません。 )

f:id:kkind:20170122103121j:plain

 

最初に、身長・体重など基礎データを入力してから始めます。

◆リラックス度  %

◆ストレス度   %

◆体の元気度

◆心拍数

などが表示されて、今の身体と心の状態を表示してくれます。

今の身体と心の状態が数値化できて、目で確認できるのは便利ですね。

そんなに疲れている実感がなくても、仕事をした後は

疲れ気味とかわかるので少し休もうとか思います。

”身体と心が語っている”という感じですかね?

毎日測定していると、何をしている時に、疲れているとか、のんびりしているとか分かります。

◆一番いい状態である”理想”と表示された時、何をしていたかというと

 朝早く起きて、瞑想を行った直後でした。

◆逆に疲れていた時は、パソコンでの作業を根をつめてした直後でした。

測定結果は、ほぼ当たっているように感じました。

また ”リラックスするには、こんな方法もあるよ”とか 

ちょっとしたアドバイスもありますので参考になります。


hanamirei.com

 

病院の看護師さんに、勤務中に試してみてもらった結果

いつも、「ストレスが~」と口にしている看護師さんは、”やや理想”という結果で

あまり「ストレス」とか口にしない看護師さんの方が、ストレス度が高かったです。

愚痴を言うのは、あまりよくないといいますが

心にため込むのも、あまりよくないのかもしれませんね。

 

 

私たちが使用したアプリは

ビックデータとして、吸い上げられて、研究データとして使用されているようです。

【発表論文について】
 アプリ「COCOLOLO(ココロ炉)」で測定したビッグデータを活用し、国際医学論文誌に発表した論文は下記になります。

■論文① 自律神経機能と行動、曜日及び地域との関係
概要:平日に比べ土曜日が最も副交感神経機能が高まりリラックスする傾向がみられた。また、首都圏に住んでいる人は地方に住んでいる人より、自律神経の活動量が低下する傾向がみられた。

■論文② 自律神経機能と気象条件との関係)
概要:高気圧な日ほど交感神経機能が高まりストレス気味な傾向がみられた。また、雨の日ほど副交感神経機能が高まりリラックス気味な傾向がみられた。

■論文③ 日常生活における自律神経機能の計測と評価
概要:BMIが高く肥満体質な人ほど交感神経機能が高まりストレス気味な傾向がみられた。また、加齢に伴って自律神経の活動量が低下する傾向がみられた。

prtimes.jp

私たちが日々使用している パソコン、スマホタブレットなどで

検索したり、使用したアプリの情報はすべてビックデータとして、吸い上げられて

研究などに利用されているのですね。