呼吸を意識すると・・・

f:id:kkind:20170205114023j:plain

気の呼吸法・瞑想やヨガの呼吸法など

世の中には様々な呼吸法がありますが、

普通に呼吸しているだけではダメなのでしょうか?

呼吸と心は密接に関係しているそうで

緊張状態では、浅い呼吸になり

リラックス状態では、ゆったりとした呼吸になるようです。

逆に言うと

ゆったりした呼吸を意識すると、リラックス状態になれるということです。

緊張状態の時には試してみたいものです。

でも、思いついてすぐに、

深くてゆっくりした呼吸ができるのかというと、そうでもなく

ある程度の、訓練というか習慣化というものは大切なようですね。

 

いろいろな呼吸法がありますが

吸う息、止める息、吐く息数を数えながら行うものは、

なかなか身につかない印象があります。

 

 

呼吸法を検索していて目に留まったのが

”4-7-8呼吸法”というもので、1分で眠れると話題だそうです。

  ”癒す心、治る力”の著書で有名なワイル博士考案による呼吸法で

  やり方は

1、口を閉じて、4つ数えながら鼻から息を吸い込む

2、次に7つ数えながら息を止める

3、その後、8つ数えながら口から息を吐ききる

 上記項目を1サイクルとして、3回繰り返す。

 (3回繰り返すとだいたい1分ぐらいになる)

<4-7-8呼吸法>は

深い呼吸で、心身共にリラックスできる。

睡眠前にやると、副交感神経が優位になり、眠くなる。 
心拍数を下げ、心を静めてくれる効果がある。

ストレス・不安軽減効果もあり、
ストレスや不安がある人は

慢性的に呼吸が浅く、短く、不十分なのですが、
この呼吸法をすることで、
血液内の酸素濃度を上げ、鎮静効果でゆっくりした気持ちになれ、
自然と不安は消え、
ストレスに対しても落ち着いて対処することが出来ます。

paris0608.seesaa.net

私は以前の脈拍は、90~100くらいと頻脈気味だったのですが

瞑想を行うようになってから、脈拍が落ち着いてきました。

今は、瞑想を行った後は60前後です。

瞑想は、それだけ緊張が解けて、リラックスできるということでしょうね。

今は、脈拍を簡単に測れるアプリもありますので

呼吸法を行う前後で、試してみると変化がわかって面白そうですね。

 

瞑想のやり方で迷うこともありますが

今後の課題として、呼吸に意識を向け

深いリラックス状態に入っていくことができるということを目標にしたいと思います。