ちょっと”生き苦しい時”のヒントになりそうな本

 f:id:kkind:20170302165515p:plain

まちがって、アマゾンの定額(980円)読み放題

キンドル アンリミテッド”の登録をしてしまいました。

自分では登録したつもりはなかったのですが???

よく分からなかったので、とりあえずすぐに解除手続きをしましたが

申し込んですぐに解約しても

30日間は無料で読み放題できるということなので

早速利用してみました。

最近あまり本を読まなくなっていたのですが

やはり、本にはネットやブログにはない情報がありますね。

1度に10冊までという規定はありますが、

読んだ本を返却すれば、また新しい本が読めます。

図書館の本を借りる方式と似ていますね。

 

私自身病弱であることや、夫の死を経験してから

前にもまして

魂のことや、死後の世界、臨死体験などにとっても興味があります。

死のことを考えるのは、

よりよく生きていくヒントになるような気がします。

キンドル アンリミテッドは、全ての本が読み放題というわけでは

ありませんが、けっこう面白そうな本があるみたいです。

死で検索すると、”生きる”というタイトルの本が何冊かヒットしました。

(”生きる”で検索しても、たいして読みたいものはなかったのですが)

 

本を買っても、とっつきにくかったり

最初だけ読んで、最後まで読まなかったりすることってありますよね。

本との相性ってあるのかもしれません。

キンドルアンリミテッドに登録してから10日程経過しましたが

20冊以上は、ざっと目を通したかもしれないです。

 

キンドルアンリミテッドは、PCでも使えるので

ちょっと大事なことが書いてあって残しておきたいときは

PCのプリントスクリーンで画面コピーをとって、画像として保存しておくといいかもしれません。

 

以下の本などを無料で読みました。(雑誌や漫画本もあるようです)

f:id:kkind:20170302164435j:plain

キンドル アンリミテッド”は

たくさん読めば読むほどお得になるようです。

今は無料で利用していますが、

いい情報がたくさん得られるようなら

30日間の無料体験が終了した後、

有料プランに再登録してもいいかな?と思います。

アンリミテッド (英:unlimited) は、限りない、無制限、無限遠といった意味