心が喜ぶ生き方

f:id:kkind:20151022140118j:plain

夫との別れで、死後の魂のことが気になり

いろいろな情報を集め、

また自分自身も、夫の死後に少し不思議なことを体験して

永遠の魂の存在を信じるようになりました。

 

そして 魂が喜ぶ生き方というものがあり、

魂の喜ぶ生き方をしていると、

ずいぶん楽に生きられるようになるということが

なんとなく分かるようになりました。

f:id:kkind:20160523095437j:plain

愛や感謝、感動、善い行い、人に親切にする、与える生き方で心や細胞が喜び、

それが魂の喜びへとつながるようです。

 

逆に 争いや奪い合い、

恐れ、嫉妬、哀しみなどの負の感情が

人生を辛く、生きづらいものにするということも分かってきました。

f:id:kkind:20170428105152j:plain

 

不安や恐怖が強い場合、それを消そうと努力するのではなくて

喜びや優しさ、穏やかさを、多く感じていくことが

心が楽になるように思います。

 

人生 何が起こるがわかりませんが

苦しみに焦点をあわせるか、安らぎに焦点をあわせるかの違いで

人生は、ずいぶん違ってくるのではないかと思います。

無理にプラス思考になる必要はないけど

自分が今見ているもの、感じているものを

常に意識するのは、大事なことだと思います。

 

 

私はある時期から、戦争映画を見ることが出来なくなり

また 暴力的なシーンも、

ずいぶん心にダメージを受けるものなんだと知りました。

 

悩み多かった かつての私に

”遠くの暗闇ばかり見ないで、足元を見てごらん

そこには、綺麗な花が咲いているかもしれないし、

清らかな水が流れているかもしれないよ”

と夫が言ってくれたことを思い出しました。

 

目には見えないけれど、確かに存在する

因縁とか、過去世とか、カルマとか いろいろなことが複雑に絡み合って

乗り越えることが難しい現実も、あるかもしれないけど

出来るだけ光のほうを向いて、暖かくて穏やかな感覚を大切にする

そんなふうに生きていけたらと思います。