”友達0"の人の末路

 f:id:kkind:20170613162730p:plain

一般的に、友人は多いほうがいいという世間の刷り込みがありますが

実際のところは、どうなんでしょうか?

ポッドキャストを聞いていて、”友達0"の人の末路という話がありましたので

そこのところだけ、メモしてみました。

結果的には、友達がいなくても何の問題もないということです。

本×人 読書の時間ですよ~ 2017/6/6(ポッドキャスト)より

”友達0の人の末路”

この場合
友達は今まで普通にいたのに、仕事や家事・育児で時間をとられるようになって、友人と付き合う時間がとれなくて、今現在友達がいなくなってしまった人たちの末路。(引きこもりとかは除く)


そういう人達が最後どうなるのかというと
友達0というと、ネガティブなほうに考えるけど
この場合は結論として、何の心配もいらない
友達を無理に作るものでもないという結論

 

<解説>人間関係に詳しい大学教授の解説

日本人特有の群れたがる性質について解説

SNSとか ツイッターとかは、群れたがるためのツールだと。
これは、メリットもあるけれども、
(みんなが一緒にやっているんだからと)
心を麻痺させて楽になれる。とか
友達がいっぱいいるからと、根拠のない自信を持てるとかそういうのがあるんだけど
デメリットがたくさんある
・群れると、人間として成長出来なくなる。(人に合わせてしまうから)
・※同調圧力によるストレスに追い込まれる。
・周りの意見に左右されるので、年をとっても自分がどうしたいとか、何も分からないままきてしまう。

 

同調圧力とは?

・空気読めということである。
・地域共同体や職場などある特定のピアグループにおいて

 意思決定を行う際に、少数意見を有する者に対して暗黙

 のうちに多数意見に合わせることを強制することを指す。 

  

友達が多いと、付き合いに使う時間やお金も必要で

 いい事ばかりではなく、行き違いやトラブルのリスクもあります。

私の母は、社交的で友人も多かったのですが

高齢になったいま、そんなには幸せそうに見えません。

愚痴が多く、人の批判もよくします。

 

もしかしたら

付き合いが広いということは、それだけ外側にばかり気をとられて

自分の内側と向き合うことをしてこなかったのかもしれません。

 

ひとりでも、

目的があって、自分のやりたい事・好きなことをする為に時間を使えるのは、

幸せなことだと思います。