微睡(まどろみ)

 「厚い雲の中から太陽の光」の画像検索結果

厚い灰色に覆われた梅雨空が続きます。

日照時間が少ないと、身体と心に影響があるという研究結果もあるようですが

確かに、最近眠気が強く、怠いです。

気持ちも、ダウン気味です。

  

いつの間にか 下ばかり向きそうな自分にハッとしました。

流されて、マイナスなことばかりに、目を向けていると

いつの間にか 生きるのが辛くなります。

太陽の目に見えないエネルギーってすごい力があるのでしょうけれど

太陽意外の、エネルギー源もたくさんあるといいですね。

 

これだけは、続けようというものの一つに、瞑想があるのですが

瞑想が難しい日もあります。

瞑想というものを全く知らずに人生を終えていく人も多い中

私の人生に辛い現実があったから、瞑想を続けてこられたのだと思います。

 

最近聞いたオーディオブックで 

◆瞑想状態は誰もが体験している

それは、まどろみ状態(起きているのか眠っているのか分からない状態)

2度寝などで、ウトウトしている時って、気持ちよくって、

ほんの2~3分のつもりが、30分くらいアッという間に過ぎている感覚

気持ちよく瞑想に入った時は、確かにそんな感覚です。

でも、いつもいつもそんな心地いい感覚に入れるとは限りません。

心配事で頭がいっぱいになることもありますし

さっき見たアニメが、頭の中をぐるぐる回ることもあります。

頭の中を空白に、無にと意識すればするほど、集中が難しくなります。

 

◆どれだけ深いリラックス状態になれるか?

 体のどこかに力が入っていると、深い瞑想状態にはなれない。 

 

◆胎児は、いつも瞑想状態

胎児は母親の胎内で、暖かい羊水に浸かって

いつも気持ちよく、安心しきってウトウトしているのだとか 

無になるとか、姿勢とか、呼吸とか

難しいことを考えなくても、胎児のときの感覚を

何の心配もなく守られている感覚を

想像するだけで、ゆったりとリラックスして、幸せな気持ちになれる気がします。

 関連画像

 

 

↓ Febeのチケット交換で入手しました。

瞑想のことがまるごと5時間入っていて

いろいろな瞑想法や、瞑想の注意点など

ネットの情報では知り得ないこともあって、勉強になりました。

      ※著者は、元ソニーの社員で、AIBO(犬型ロボット)の開発者 

 

 

オーディオブックで、ちょっと不便と感じるのは

図を用いた説明文があるとき

耳だけで、図をイメージするのは難しいので

図を見ることができるサイトがあればいいなと思います。