もう梅雨明けですね・・・

f:id:kkind:20170714091913p:plain

2~3日前の未明、激しい雷鳴が響き

ぶ厚く空を覆って、陽の光をさえぎっていた灰色の雲が

少し薄い灰色になり、

薄い雲の隙間から、時折光を通してくれる。

今朝は蝉も泣き始めました。

そろそろ梅雨明けです・・・

もう真夏の空が、出番を待っているようです。

 

”今日の天気は、空に聞け” と誰かが言っていました。

下ばかり見ながら、スマホの天気予報を見るより

上を向いて空の表情を見るほうが、なんかいいですね。

ここ3~4年ですが、よく空を見るようになり

季節ごとに、空の色や表情が違うことに気付きました。

 

今まで何を見ながら生きてきたんだろうな~

空だけでなく、山や風、自然の風景をよく見て、

いろいろなことを、感じるようになってから

暑さ、寒さに文句を言わなくなりました。

自然って 

すごく不思議だなぁ~っていう気がします。

凍えるほど寒かった部屋が、暖かくなったり、暑くなったり、涼しくなったり

 

ベランダから見える風景も、

桜色の季節(とき)、緑が美しくなる季節(とき)、

オレンジや黄色の季節(とき)、真っ白な季節(とき)・・・

いろんな色や表情があって

それが微妙に毎年違ってて・・・

あと、何回 移り行く風景を見ることができるのかな?と考えると

暑さも、寒さも、そんなに苦にならない気がします。

今年は、どんな夏になるのかな?

 

季節の微妙な変化を感じることが出来るとき、

今を生きているっていう感じがして

季節の移り変わりにも気付けなかった過去の日々は

きちんと、毎日を生きてきたんだろうか?

もしかしたら 

流されて生きているだけの日々だったかもしれないな~

 

”瞬間(いま)を生きる”ということを教えてくれたのは

夫の死でした。