天気病と小さな目標設定

f:id:kkind:20170820083426p:plain

               <画像 https://pixta.jp/illustration/12987294

 

今年の夏は、なんだか曇り空が多くて、

真夏の青い空と入道雲を見ませんでした。

 

今朝は、久しぶりに朝日が顔を出す瞬間を見ることが出来、

少し元気をもらえた気がします。 

 

陽の光が届かないと、植物が育たないように

人の身体や心に影響を与えるものなのかもしれません

 

厚い雲のかかった空が続いた今年の夏は

なぜか 体も心もきつくて

生きること自体がきつくて

大切な何かを見失いそうで

未来に何の希望も持てないような気がして・・・

 

何度考えても、生きる意味は分からないけど

人は何かを学ぶためにこの世に生きているのかもしれないなぁ~

愛すること、愛されること、愛する人を喪う哀しみ、

身体や心の痛み、苦しみ、孤独、・・・

全ての出来事が、この世での経験で

人それぞれ学ぶことは違うけれど

何かを学ぶために、生き、

日々何かを感じて生きることが、学び

なのかもしれませんね。

 

今の時代に生まれた私たちは

ネット環境さえあれば、いろいろな事を学ぶことが出来ます。

興味のあることや、壮絶な生き方をしている人のブログ、いろいろです。

 

 

最近 生きるのが少しきつくなっているので

小さな目標を設定しました。

それは 早寝の習慣

早起きは定着してきたので、今度は早く眠れると

もっと日中すっきりするかな~と思います。

眠れないのも辛いものですが

眠たくてたまらないのも、少々やっかいです。

今日から、しばらく起床時間と就寝時間をノートに書いてみることにします。

 

目標が日課になり、それを定着させるには、

紙に書いていつも目にする所に貼っておくといいようです。

すごく単純ですが、効果あります。

人って、すぐに忘れるから、

きっと 目標自体を忘れてしまうんですよね。

 

小さな目標でも、あると 少し生きやすくなるかもしれません。

近日中にやることを、付箋メモに書いてテーブルの端っこに貼っておくと

必ず達成できますよ。

達成するまで、その付箋メモが消えないわけですからね。

f:id:kkind:20170820082004p:plain

買物もメモしておくと、買い忘れがなくなります。

 

 

 ★身体と天気の関係

mamanoko.jp