空色の風

空を見上げて、風を感じてみると元気になれる気がします

優先順位・・・瞑想に迷う

f:id:kkind:20170901075650p:plain

優先順位 the order of priority

  取りかかるべき物事が複数ある場合、取りかかる順番を決めること。 

 

朝起きてすることは、

・瞑想

・身支度

・仏壇にお茶と線香をあげる

・洗濯

・朝食

・メールチェック・ブログチェック

 

順番は、その日によって違います。

順番を間違えると、1日の流れが悪いように感じることがあります。

朝と寝る前の瞑想を目標にしていますが、

気分が乗らないとき、忙しいとき、など 出来ない時もあります。

 

瞑想を後回しにすると、他のことに追われて、結局できなかったりします。

たまに、”あれ? 瞑想って何の為にしているんだっけ?”となるときもあります。

瞑想の本を読んでいて、やり方を迷うときもあります。

 

瞑想は起きてすぐがいいのか?

身支度を整えてからがいいのか?

瞑想より仏壇のお茶が先か?

場所は、寝室がいいのか? リビングがいいのか?

と いろいろと迷う日々 ブログからヒントが・・・

「朝15分の瞑想」

起きたら布団やベッドの上でかまいませんから 
正座か足を組んで必ず瞑想すること。

純粋な気持ちで、ひたすら「光に満ちている姿」をイメージするだけでいいのです。
一年間続けると とても落ち着いた、心がブレなくなっている自分を発見するでしょう。

「私はいつも光に満ちている」 と唱えながら
ゆっくりと長い呼吸を繰り返して 瞑想しましょう。

そうすると 不安な気持ちが、お任せの気持ちへと変わり
不思議と自分が「結果オーライ」 の世界に入ったことがわかる日がきます。
これがそうなのか・・ という想いが あなたに光をもたらすでしょう。

その代り 一日も欠かさずに継続することです。

あなたの人生は 必ず変わります。

サンマーク出版「無敵の経営」より)

ameblo.jp

 

”瞑想は、朝起きてすぐ 寝室で” 

というのを定着させようと思います。

ベットの中だと、二度寝するかもしれないので

起き上がって、寝室でするということにします。

 

 

瞑想をはじめたのは、”わらにもすがる”思いでした。

夫の死や、他にもいろいろなことが重なって

毎日が、苦しくて苦しくて、どん底の暗闇から何とか抜け出したい。

人は、死ぬまで生き続けなければならないのだから

生きるのが少しでも楽になればいいなという気持ちもありました。

 

 

ひどい不眠が解消したのも

朝早く起きられるようになったのも

少しは、生きやすくなったのも

片付けや、お風呂を先延ばししなくなったのも

瞑想をはじめてからのように、思います。

 

 

一見、無駄な時間のように思えたり

何の為の瞑想か、迷うことは多々あるのですが

目に見えないところで、心と身体に効いているのだと思います。

 

瞑想は

時間とか姿勢とか、やり方にこだわってしまうと続かないかもしれないので

”続ける”ということが、重要だと思います。

 

メルマガやブログの中のちょっとした言葉にヒントをもらうことってありますよね。

 

優先順位を考えながら

今日を生きてみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆プライバシーポリシー
本ブログでは
・Google Analytics
・Google Search Console
・Amazonアソシエイト
・楽天アフィリエイト
・もしもアフェリエイト
・A8.net
・afb     を導入しております。

Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」はトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
また、当ブログは、Amazon.co.jp、affiliate.rakuten.co.jp、a8.net、af.moshimo.com、afi-b.comなどを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムであるアフェリエイト・プログラムの参加者です。

 

◆免責事項
当ブログの記事内情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めております。しかしながら誤情報、または情報が古くなっている場合もございます。
当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
また当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いませんのでご了承下さい。

 

◆著作権
当ブログ記事からの引用に関しては、引用元の明示によって、無償で引用いただけます。
ただし、当ブログ上のすべての文章と画像などの無断転載は禁止いたします。