無色透明

とらわれず、かたよらず、こだわらず、水のように柔らかく、空のように広い心で生きていけたらいいですね。

セルフイメージとは?

f:id:kkind:20171213111947p:plain

 

昨夜は、寝室の室温が15度まで下がりました。

冷え込んだ夜は

布団の中が暖かくてとっても幸せな気持ちになります。

ぬくぬくな布団の中で、幸せな気持ちになるって、

寒い冬の夜にしか味わえない感覚ですね。

 

今日のメルマガに

やることをやっていくと、不思議にセルフイメージが上がります。

また、セルフイメージが上がると、毎日の生活が楽しく、

また健康にもなります。生活は、小さなことの積み重ねです。

それをいかに楽しくやっていくかが、ポイントです。

(健康ごはん。 mag2 0001615844 <mailmag@mag2tegami.com>)より

 

何日か前に視た動画の中に

”今抱えている悩みの現実はそのままに、

今自分に出来ることを ただたんたんとやる”というのが心のどこかに残っていたので

今日のメルマガの、”やることを やっていくと”の 言葉に心にひっかかりました。

 

あらためて

セルフイメージとは?と調べてみました。

セルフイメージとは、

   ・自分自身が思い描いている自分のイメージ

   自分自身の思い込み

 

例えば、

自分は社交的な性格だとか、

内向的な性格だとか、

明るいだとか暗いだとか、 自分で思い込んでいること

  

 

人間の思い込みのパワーは強力で

 

 プラシーボ効果で病気が治ることもあれば

 気持ちが落ち込むと、本当に体調が悪くなる こともあります。

 

 

確かに、大変な状況の中でも

毎日をきちんとおくれていると、

気持ちが整い 前向きに生きることができるのかもしれません。

身の回りをきちんとして、生活を整えるということは

身体と心にいい影響があるのでしょう。

 

なげやりになると、それだけで生きているのが辛く苦しいものになってしまいます。

 

思い込みの力 

いい方向に、上手に活用したいものですね。