空色の風

空を見上げて、風を感じてみると元気になれる気がします

瞑想で花粉症が軽くなるらしい・・・

f:id:kkind:20180312135558p:plain
f:id:kkind:20180312135518p:plain

瞑想と花粉症の関係って何だと思いますか?

答えは、免疫力です。

瞑想を続けると免疫力が上がり

花粉症の症状が緩和するそうです。

 

ポッドキャストで、

瞑想のことを話していたので、メモに残しておきます。

ポッドキャスト 

言魂インタビュー( 2018.2.16 )ゲスト 横山信治さん

 

◆1日30分の瞑想(時々内観)

 行き詰まったときは、ヒントを得るものが引き出されることがある

 

◆アメリカでは、70%の人が何らかの形で瞑想を行っている。

 頻度は人それぞれだけど

 瞑想は、朝と夜行った方が効果があるらしい

 

◆瞑想をやる前と、やった後で何か変わりましたか?と聞かれる

 ・具体的には分からないが、イライラ度は減った。 

 ・瞑想を始めて2年くらいで 花粉症が治った。

  それまでは、重度の花粉症で、薬もたくさん飲んでいたが

  今はもう全然飲んでいない。

  これは、瞑想で免疫力が高まる。

  アメリカの医学的実験で、

  重度の花粉症を治したというデータもある。

 

◆眠ることと瞑想の違い

 眠ることは、身体の疲れはとれるけど、ストレスはそのまま残る。

 瞑想は、身体の疲れも 精神の疲れもとってくれる。

 

◆瞑想することで無我の境地をめざさなくてもいい

 ただ ボーッとするだけで十分で

 たまたま 何も考えない状態に入れた時はラッキー。

 

私も瞑想を始めて2年くらいですが

体調が良くなった感じは、確かにします。心も身体も両方いいです。

瞑想を始める前と比べて

・身体の痛みが少なくなった

・炎症反応(CRP)の数値が落ち着いている

・風邪を引きにくくなった

・寒さをあまり感じない

・落ち込むことが少なくなった

考えてみると、上記のようなことが変わりました。

 

以前は、生きるのがとても苦しく、すぐに不安になっていたけど

いろいろあっても

”大丈夫 なんとかなる”と思えるようになりました。

 

特に、朝夕1時間づつ瞑想をするようになってからは

心身ともに安定しているように思います。

 

私の瞑想法は 

決まった時間に、アラームをかけておき

アラームが鳴ったら、1時間のタイマーをかけてソファーに座り目を閉じる。

 

最初10分くらいで終わる音楽をかけます。

私はシンギングボールの音色が好きで、心が落ち着く感じがして

瞑想に入りやすいです。

よく 呼吸に集中するといいと言われますが

私は、それが難しいようなので、

最初だけ 音に集中するようにしています。

 

雑念だらけのときも

寝落ちしてしまっていることもありますが

とにかく決まった時間に、タイマーをかけて座ることにしています。

 

”あー気持ちよかった” ”スッキリした” という感覚が残る時は

うまく瞑想できたときだと思います。

 

瞑想に入りやすい時間帯というのもあるみたいで

私は、早朝の時間帯が一番落ち着きます。

 

よく瞑想は続かないという人の話を聞きますが

私がこれまで続けてこれたのは 

私にはそれだけ 切羽詰まったものがあったのだろうと思います。

たぶん 健康で何の苦労もない幸せな人生を送っていたら

瞑想とは一生縁がなかったかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆プライバシーポリシー
本ブログでは
・Google Analytics
・Google Search Console
・Amazonアソシエイト
・楽天アフィリエイト
・もしもアフェリエイト
・A8.net
・afb     を導入しております。

Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」はトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
また、当ブログは、Amazon.co.jp、affiliate.rakuten.co.jp、a8.net、af.moshimo.com、afi-b.comなどを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムであるアフェリエイト・プログラムの参加者です。

 

◆免責事項
当ブログの記事内情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めております。しかしながら誤情報、または情報が古くなっている場合もございます。
当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
また当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いませんのでご了承下さい。

 

◆著作権
当ブログ記事からの引用に関しては、引用元の明示によって、無償で引用いただけます。
ただし、当ブログ上のすべての文章と画像などの無断転載は禁止いたします。