無色透明

とらわれず、かたよらず、こだわらず、水のように柔らかく、空のように広い心で生きていけたらいいですね。

陽の光の中を生きるほうが 自然の理にかなっている

ぐっすりと眠れた朝はスッキリして、気分がいいものです。

 私も、以前はひどい不眠で、薬に頼っていた時期もありましたが

今は、よく眠れているほうだと思います。

 

私の場合 早起きを継続することが一番 不眠に効果がありました。

5時前に起きるようになってからは、

21時頃になると、自然と横になって身体を休めたくなります。

 

太陽を意識しながら、太陽とともに行動する方が、

自然であり 理にかなっているのでしょう。

 

 

一日には、陽と陰の時間帯があり

また1日の中でも、春夏秋冬に相当する時間帯があるそうです。

出来るだけ、自然の流れに沿った

生活を心がけることが健康につながるようですね。

f:id:kkind:20180403134819j:plain

 

 

f:id:kkind:20180403130159j:plain

 

自然界の草花を見ると、

春に芽吹き、夏に生い茂り、秋に葉を落とし、冬に休むというサイクルですね。

 

 

朝早く起きるようになってから

一日の流れがすごくよくてスムーズです。

早め、早めに用が片付きます。

早めの時間帯に、入浴と夕食を済ませると

夜の時間がすごくゆったり過ごせるようになりました。

陽が落ちてからは、間接照明だけにして部屋を暗めにしながら

本を耳で聴いて、目は休めています。

 

以前は、遅めの夕食 遅めの入浴 遅めの就寝・・・

あー夕食何作ろう? もうそろそろ食べなきゃ お風呂入らないとな~ という具合に

全てが後手に回って、ぎりぎりまで時間を引き延ばして仕方なく行動を始めるという感じでした。そういった状態では、心にもあまりいい影響は与えなかったのだと思います。

 

早起きは、

習慣になってしまえば、たぶん続けられるんじゃないかなと思います。

 

24時間明るい世界は、どこか異常なことかもしれません。

自然界には絶対ありえない現象ですね。

電気をつければ、いつでも明るいというのは、

太陽のありがたみも分からなくなってしまいそうです。