空色の風

生きているといろいろな事が起こりますね~何事が起ころうと負けない心づくりを目標に日々情報を集めています。

食品ラップに種類があり、原材料や添加物で危険性が違うって知らなかった!

f:id:kkind:20191120083013j:plain

 

日常的に使う食品用ラップですけど

種類によっては、毒性があることを知っていますか?

私も、以前は食品ラップは

別に大差なく何でも同じようなものだと、何も考えることなく使っていましたけど

材料に含まれる物質で、安全性で大きな違いがあるということを知りました。

 

 

 

*食品ラップに無添加の表示が?

 

f:id:kkind:20191120092640j:plain

 

ある日、たまたま購入したラップに無添加の文字を見つけました。

ラップに無添加って??

と疑問に思って調べてみました。

 

 

*ラップの材料と添加物

 

ラップの裏表紙を見ると

 メーカーによって、

原材料にも違いがあり、

また 添加物なしと表示されているものもあれば

いろいろな種類の添加物が表示されているものもあります。

f:id:kkind:20191120092746j:plain

f:id:kkind:20191120092804j:plain

 

 

*原材料や、このいろいろな添加物には危険性はないのでしょうか?

< 原材料に使用されているもの>

・ポリエチレン

・ポリメチルペンテン

・ポリ塩化ビニデン

 

<添加物に使用されているもの>

・ポリオレフィン

脂肪酸誘導体(柔軟剤)

・エポキシ化植物油(安定剤) などと記載がありますが

 

直接食品にふれることが多い食品ラップです。

これらの物質って、人体に悪影響はないのでしょうか?

 

人での、はっきりした危険性は証明されていないかもしれませんが

また、安全であることの証明もなされていません。

これからの未来を生きる子供たちの代になって

病気などのはっきりとした形で現れることになるのかもしれません。

 

以前、環境ホルモンの講演を聞いたことがあるのですが

プラスチック製品が、環境や人体に与える影響は大きく

じわじわと体内に入り込んで、身体から出るホルモンと同じような

作用をして、内分泌をかく乱するという内容の話を聞きました。

小動物では、はっきりとした異常が出ているようです。

 

◆塩ビ製のラップの危険性(塩ビは有害なプラスチック)

・ポリ塩化ビニリデンは、乳がん細胞を増殖させる物資が溶出する。

(このラップを使った実験では、乳がん細胞を2倍も増殖させる結果が出ている。)

・「ポリ塩化ビニリデン製」(塩ビ製)のラップを浸した水に金魚を入ると、狂ったように暴れ出したり、反対にすぐに水の底に沈んで動かなくなり、神経や脳に影響があると思われる実験結果が明らかになっています

・妊娠中の胎児への悪影響の他、様々な危険性が指摘されています。

<引用:https://ameblo.jp/chi16ka20/entry-11657792723.html>

 

 

*熱+ラップはさらに危険性が増す

 

熱々のご飯でラップおにぎりを握ったり、

油ものに、ラップをかけてレンチンすることは

高温で、ラップが溶け出して、ラップの成分が食品に溶け出すので

さらに、リスクが上がることになるそうです。

私も過去、あつあつのご飯をラップ握りにすると、なんだかプラスチックの匂いが移り

味も、プラスチックの味がするということがありました。

 

海外では、身体に悪影響があるということで

ラップや電子レンジの利用は最小限にとどめるという人が多いようです。

日本では、ラップも使い放題で、レンチン料理が流行るなど

あまり、身体のことには関心がないのかな?と思います。

 

 

*まとめ

 

食品ラップにもいろいろな種類があり、

有害な原材料を使っているものや

添加物入りのラップはリスクがあるということが分かってからは

安全性の高いメーカーの

無添加のラップを使うようになりました。

添加物入りのラップは、隙間なくピタリとくっついて使い勝手はいいですが

環境や身体に及ぼす影響を考えると

少し くっつきが悪いという難点はありますが

安全性の高いポリエチレン性で、無添加のラップを選びたいです。

 

 

 

無添加ラップメーカーのCMです ↓ (2分11分)

 

 
ポリラップの秘密