空色の風

空を見上げて、風を感じてみると元気になれる気がします

洗面台のごちゃごちゃを何とかすっきりさせたい

洗面台の困りごと

その1:すぐに物がごちゃごちゃする

その2:動かす物が多くて、掃除がしにくい

その3:鏡が水はねでよごれる

f:id:kkind:20190408094632j:plain

 

洗面台改造計画

その① 洗面台においてあるものを全部どかしてみる。

f:id:kkind:20190408094916j:plain

ものがないとこんなにスッキリします。

 

②洗面台の横幅サイズのつっぱり棒2本と布を用意する

 ②-1 カフェカーテンを作る 

f:id:kkind:20190408094931j:plain

 ミシンがあれば、端切れを使って作ることができますが

既製品のカフェカーテンもあります。

 

③カフェカーテンを設置する

理由:水はねをふせぐ為、

   水はねは、鏡の下のほうに飛びがちなので、せっせと拭く手間がはぶける

f:id:kkind:20190408094940j:plain

 

④2本目のつっぱり棒を設置して、ちょっとした物置をつくる。

f:id:kkind:20190408094952j:plain

 

⑤洗剤の目隠し

 毎日使うのものなので使いやすいように、洗面所の端っこに置いてある洗剤

 意外と目立ってしまいます。

f:id:kkind:20190408094959j:plain

目隠し布を手前のつっぱり棒にかけると目隠しになります。

f:id:kkind:20190408095011j:plain

使う時は、するすると移動も簡単です。

f:id:kkind:20190408095018j:plain

 

以上、スッキリ洗面台の完成です。

f:id:kkind:20190408095027j:plain

手洗いせっけんのボトルだけが出ている状態なので、ものをどかすことなく

気になったときに、いつでもサッと拭けます。

水はねも上の方までは飛びにくいので、”アッ鏡が汚れてる”のストレスがなくなりました。

ごちゃつく小物は、つっぱり棒2本で作った物置の上に置けます。

 

以上春の洗台所改造計画でした。

ものが少なくスッキリした状態が続くと、気分がいいものです。

気が向いたら、参考にしてみてくださいね。

 

暮らしの中で、”なんかやりにくいな” ”すぐに散らかってしまう”などの問題点を見つけて工夫し、少しでも暮らしやすいように、改善していくことは、小さなストレスが減って、生きるのが楽しくなってくるような気がします。

 

f:id:kkind:20190408094632j:plain
f:id:kkind:20190408095027j:plain

カフェカーテン