空色の風

空を見上げて、風を感じてみると元気になれる気がします

生きるのが辛いと感じるときは、愚痴や泣き言が多くなっていませんか?

f:id:kkind:20190101070004p:plain

最近 体調が悪い日が続いていました。

関節の激痛や、発熱などで、着替えや歩行、家事など日常生活に支障をきたし

少し、暗い気持ちになっていました。

自分でも気付かないうちに、愚痴や泣き言が多くなっていたように思います。

 

愚痴や泣き言を言い続けると、どうなるのかというと?

愚痴や泣き言を言いたくなるような出来事が続くし

また 運も悪くなるそうです。

でも、アウトプットは大切で、

マイナスな思いを身体にため込むと苦しくなるのでは?

という考え方もありますが

いちばんいいのは、最初からマイナスな思いは持たないことが

一番いいのでしょうけどね。

愚痴や文句・泣き言を聞かされる方も

あまりいい気分はしませんものね。

 

愚痴や泣き言を心に発生させないための訓練として

瞑想や読経を続けているんですけど、まだまだ修行が足りませんね・・・・

 

 

体調が悪いと、朝も、スッキリと起きるのが難しく

6時半に起きるのが、やっとの生活になっていました。

今朝は、久しぶりに痛みが落ち着いていたので

朝もスッキリと起きることができ、朝食も苦なく作ることが出来ました。

 

朝起きる時間で、その日の気分が全然違います。

4時5時にスッキリ起きれる時は、

気持ちに張りがあって、嬉しい気持ちが湧いてきます。

朝の、4時5時の空気には、目に見えないいい気が漂っているのかもしれません。

 

冬場は、天気が悪い日も多く 朝の光が届きにくいですが

朝の光を浴びたとき、生きているだけで幸せだなと感じる時があります。

光には、すごいパワーがあるんだなと感じます。

光は全ての命のもとで、いろいろな色を見せてくれます。

光がなかったら、全てのものは、暗闇で、色の違いも見えません。

 

春に向かって、少しづつ光の量も増えつつあります。

空気も暖かくなるし、過ごしやすくなりますね。