空色の風

空を見上げて、風を感じてみると元気になれる気がします

朝起きた時テーブルに何もないと気持ちがいい

f:id:kkind:20190527080230j:plain

 

*人生は、散らかす⇒片付けるの繰り返し

 

朝起きて、食事を作るのに、台所が散らかり、後片付けをして・・・

食べるのに食卓に広げて散らかり、後片付けをして・・・・

書類を書くのに散らかり、終わったらまた後片付けをして・・・

1日は、散らかして後片付けをして、また散らかして後片付けをしての繰り返しで

人生もまた、散らかして後片付けをして・・・の繰り返しで成り立っているようなものですね。

その散らかす⇒片付けるのバランスが崩れてしまうと、収集が付かなくなり、部屋が荒れてきて、なんとなく居心地の悪さを感じるようになるかもしれません。

 

*散らかす⇒片付けるのバランスが崩れてしまう原因

 

・ものの指定位置がない

 

・ものが多すぎる⇒どこから片付けていいのかわからない状態になる

 

・時間がなくて片付けられない場合、時間の使い方を見直してみる

  テレビやネットをだらだら見ていて時間が足りなくなることはありませんか?

  

・家族が散らかしてしまい、そのままになる場合は、

 家族が使ったものを戻しやすい工夫をしてみる。

 

 

*私が広いテーブルを選んだ理由

 

f:id:kkind:20190527080617j:plain

 

私は独り暮らしにしては広い120㎝×100㎝のテーブルを使っています。

その大きめのテーブルで、全ての作業を済ませます。

食事をしたり、書類を書いたり、ミシンをかけたり、来客時に対応したり・・・

 

昨年テーブルが壊れて購入する際に、独り暮らしには大きすぎるかなと悩んだんですけど、リビングが12畳あり、広いスペースが確保できたので大きめのテーブルを購入しました。テーブルのみの購入で12000円くらいだったと思います。

 

なぜ 大きめのテーブルかというと、大きめテーブルだと、いろいろ広げて作業をしやすいんです。

書類整理や、服の整理、布の裁断、などなど

それに、たまに親類が集まることがあり、その際食事をする時に、大人数でも対応できます。私もですが、足の悪い人はテーブルが楽ですからね。

 

 

*1日の終わりには、テーブルには何もない状態になると気持ちがリセットされて気持ちがいい

 

以前は、やりかけの書類や、読みかけの本、メモ用紙とペンなどがテーブルに置きっぱなしになっていることも多かったんですが、全てを片付けて何もないテーブルを拭くときの気持ちよさは何なんだろうと感じます。

まるで自分の心まで拭きあげているような感覚になります。

 

f:id:kkind:20190527080307j:plain

 

*1日に何回も使うものは、すぐ手の届くところにおいておきたいですね

 

ペンやメモ帳、ハサミなど1日に何回も使うものは、常時テーブルにおいておきたいところですが、1つものを置いたら、他の作業がしづらくなることもあるので、すぐ手が届く位置に、キャスター付きの2段カラーボックスを置き、そこに細々としたものをまとめてみました。(キャスターは後から自分でつけました)

 

f:id:kkind:20190527084149j:plain

 

すぐ手が届く上面には、ペン、メモ帳、ティッシュなど

サイドに、ゴミ袋

上段には、毎日記入する体調管理、家計管理、などを個別ファイルに設置しています。

下段の、蓋つきのバケツには、お菓子のストックです。

キャスター付きなので、掃除もしやすいし、来客時にはさっと壁際に引っ込めることができます。

 

 

 

*テーブルが片付いていると、今度はキッチンカウンターのごちゃごちゃが気になりだしました。

 

キッチンカウンターはすぐにものを置いてしまいごちゃごちゃとなりやすいですね。

ものが置かれたごちゃごちゃのカウンターに慣れてしまうと、もうそれが当たり前になって、あまり気にならなくなるものですが(今までは・・・)

何もないテーブルを見て、カウンターに視線を移すと、なんかごちゃごちゃしているなと感じます。カウンターも片付けてみると、なんかスッキリします。

何もないテーブルを拭いて、そのあとカウンターも拭いて・・・

何もないと物をどかす必要がないので、拭くのも時間がかかりませんし、サッと行動できるので、拭く行為がめんどくさいと思わなくなりました。

 

f:id:kkind:20190527080725j:plain

 

 

*キレイを持続するためのルール

 

小さな場所でもどこか一か所を片付けると、

それがきっかけになって、他の場所にも目がいくようになります。

せっかく片付けた状態をキープするために

自分でルールを決めました。

 

ルールその① 日中はどんなにものを広げて散らかしても、いいけど

       夜は、必ず片付けてから眠りにつくこと。

ルールその2 そのためには、どんな小さなものでも、

       一つ一つのものたちが、必ず帰る場所を作っておくこと。

 

 

*まとめ

 

夜はものたちも、帰るべき場所に帰って、ゆっくり休んでもらうこと。

朝起きた時に、リビングがスッキリ片付いていると

朝も気分よくスタートがきれますね。